季節の変化

Pocket
LINEで送る

新しい年になってまだ一か月も経ちませんが
我が家には新しい季節の香りが漂い始めました

と言っても 短いスパンでの変化ではありません
人生の転換期です

神様の御心

私は若い頃 外に情報を探しに行きました
それは自分の人生や経験の中に
答えがなかったからです

ですが実際は 外にも私が求める答えは
ありませんでした

しかし クリスチャンになっても
外に情報を探しに行く癖は
すぐには抜けませんでした

クリスチャンになり
私が求めていた全ての答えが
聖書に書いてあることを知った時

必要とする人の元に聖書の神様を伝えたい
その為に何をすればいいかと考えて
私は外に行こうとしました

自分が得た素晴らしいものを
外に伝えるためのノウハウを学ぼうと
そのことで成功をしている人のところへ
行こうとしたのです

ところがそれは すぐに
神様からストップをかけられてしまいました

そして神様が私に与えたいものが
一方的に(怒涛のように)降ってきました

その体験の中で 私は神様の御心を知りました

愛を知って欲しい
愛を受け入れて欲しい
癒されて欲しい
与える全てを受け取って欲しい

どれ程にあなたを愛しているか
どのようにあなたを愛しているのか
そのことをまず知って欲しい

そして

全てをあなたに与える力ある神に
全てを頼って一緒に歩いて欲しい

それが 神様の御心でした

聖書は素晴らしい書物で
私が知りたい全てが書いてありましたが
そういった理解だけでは不足しており

生ける神を知り 交流をして恵みを受けて
共に歩くことを学んで欲しい

それこそが神様の真意であり
神様が人を造られた理由だったのです

聖書は確かに素晴らしい ですが
これは神様と歩くための書物であり

ただ書物の素晴らしさを伝えても意味がない
神の臨在が無ければ全く意味がなかったのです

そして それを人々に伝える方法も
この世の方法をわざわざ
学びに行く必要はなかったのです

何故なら それは神様の方法で成し遂げられるからです

自身のアイデンティティ

今日 礼拝に行きメッセージを聞いていた中で

先日のヒーリングスクールの講師である
クリスゴア牧師に

祈られた時は癒されるのに
暫くするとまた痛みが戻ってくるのは
何故なのか質問をした

というお話がありました

(ヒーリングスクールの様子は聖会アーカイブ参照)

それを知るには恵みに対する
理解が大切であると言われたそうです

神様の癒しは一方的なものです
良いことをしたから 代価を払ったから
癒しが起きたのではありません

自分がその恵みを受けるのに
相応しくないのではないか と
疑った瞬間に 痛みが戻ってくるのだそうです

恵みを手放してしまう嘘を信じ
神様の御心を疑った瞬間に
恵みが離れて行ってしまうのです

自分が相応しくないのではないか
という思いは多くの人が抱くものです

それは 例え世界を飛び回るような
牧師さんであってもです

何故なら 神様はご自分の栄光を現すため
その人にとても相応しくないと思わせるほどに
大き過ぎるみ恵みを注がれる方だからです

もし 人が自分の範囲以内の恵みを受け取るなら
自分自身の行いが良かったと勘違いをして
自分を誇るようになるのです

ですが 自分には相応しくないと思うような
大きすぎる恵みが来る時 人は神を恐れるのです

平安の中で受けるみ恵み

この話を聞いた時に

ものすごく腑に落ちるものがありました
同時に 物凄い平安と癒しがやってきました

そして その平安の訪れと同時に

祈るというほどではないにしろ
いずれは動かさなければいけないなぁと
思っていたことや

このように変わるといいのになぁと
祈っていたことが

実りの時を迎えた知らせが
いくつも入って来たのです

また 今まで自分のことについては
祈るように示されつつも なかなか
祈る気持ちになれなかったのですが

突然 何についてどう祈るべきなのかが
具体的に見えてきました

ですが それと同時に

今まで自然に自分の中に普通にあった
欲求が大変薄れていることを感じました

平たく言うと

食事をしなければいけないけれど
何を食べればいいのかわからない

という感覚です

以前 重荷から解放され自由になった時も
一瞬 自分が何をすればいいのか
わからなくなった時があったのですが
正にそんな感じです

数日すれば慣れてくると思いますが

手に入れた自由を神様のために
用いることが出来る大きなチャンスなので
丁寧に扱っていこうと思います

Pocket
LINEで送る

季節の変化” への1件のフィードバック

現在コメントは受け付けていません。