神様に頂く冠

Pocket
LINEで送る

新年早々 いくつかのアイデアと祈りの課題が
示されつつも 着手する時間は与えられず

時が来るまで我慢

ということを体験で学ばされているなぁ
と感じました

benches-1574244_960_720

人のやり方を打ち壊される神

日本に対して重荷のある外国人の牧師さんが
教えてくださったことなのですが

神様は 日本人には特に
時間を与えない傾向があるそうで

予定通りに事を進めたい国民性である
日本人にとってはきっと辛いだろうな
可哀そうだ と思ったそうですが

それに対して神様は

日本人は仕事や計画をしっかりするから
時間を与えると自分たちの計画を立ててしまう

と 仰ったそうです

要するに 神様のやり方で進めて
神様の栄光を現すためには
日本人には時間を与えない

と 神様が仰っているのです

busy-880800_960_720

人の計画を壊すということを聞くと
バベルの塔(創世記11章参照)を思い出しますが

事実 うちの教会の牧師さんも
礼拝メッセージを考える時に

神様に 何を話すべきですか?と
尋ねながら資料を作るとあっという間に
簡単にメッセージが出来てしまいますが
とても良い礼拝になるのだそうです

しかし 今週は時間があるからと
資料や聖書を調べて「力作」を作ると
礼拝の直前に 神様から「違う」と言われ
一から作り直しになるのだそうです

神様は こと神様のためにする事柄には
人の努力に栄光を現すことをさせません

必ず ご自身の栄光を現されるのです

sunset-515501_960_720

「捧げる思いで作る」という賛美

神様の示しなしに何か行動を起こしても
実を結ぶことはないと感じます

そして 示しを頂くために必要なことは
祈りと賛美です

その中でも 砕かれた心を注ぎだす祈りや
自分自身を犠牲とする賛美に対して
神様は 特に心を留めてくださるように感じます

祈っても何をしても
神様からの啓示が受け取れない時

自分自身の時間と労力を犠牲にして
神様に捧げる思いで何かを作ることは
神様の御心に叶ったことだと思うのです

そうやって作るものは 確かに神様への賛美です

しかし自分の賛美が素晴らしいものだと思って
自画自賛を始めてしまったらどうでしょう

自分の賛美が素晴らしいと陶酔してしまった
大天使は 天から落とされ悪魔となりました

賛美をすることは大変素晴らしいことですが
そこに陶酔することを神様はお許しになりません

lightning-199651_960_720

神様が下さる冠

では 神様はどうされるのか

もし陶酔しているのであれば
その心をまず打ち砕かれます

自分自身の思いを吐き出したものを
神様の作品として頂くために手放すなら
祈りの中でその作品を練り直してくださいます

その時 思いは完全に砕かれますが
マイナスをプラスにされる神様を信じて
全てを委ねるなら 何倍にも素晴らしいものに
造り替え 栄光を現してくださるのです

その「造り替えて頂く過程」こそが
神様と共に何かを生み出す時で
神様に用いられている時です

自分が手を動かすことにより
神様の栄光が現れるなら
それに勝る栄誉はありません

私たちの仕事は 自己満足を得ることではなく
神様に働いて頂くことであり
その為の良い通り管であることが私たちの冠で

その冠は イエスさまが下さいます

私たちの足を洗ってくださり
良い通り管として下さるのは
他でもない イエスさまなのです

頂いた冠を 神様にお返し出来ることに
勝る喜びはないのです

flowers-798998_960_720

Pocket
LINEで送る