人の悪意を無視される神

Pocket
LINEで送る

イエスさまは 神でありながら
人としてお生まれになりました

そのことを知っていた悪魔は
イエスさまを見るとひれ伏し
助けてくださいと懇願し
出て行けと言われると即座に
逃げていきました

ですが イエスさまがいらしたことで
自分の地位や立場が脅かされた人

聖書を教える立場である祭司たちは
自分たちの不正を指摘するイエスさまを
妬み 殺してしまいました

rosary-973781_960_720

このことから読み解けることは
神様には悪魔に対し 絶対的な権威があること

そしてもうひとつ 神様が望むものでも書いた通り

人には自由意志が与えられており
神様に立ち返らない自由も持っている

ということです

イエスさまに対するイスラエル人の裁判は
イエスさまを死刑にするために
偽証をする証人を何人も呼び集める

というものでした

多くの偽証がありましたが
イエスさまは黙ったままで
何もお答えになりませんでした

裁判で偽証される経験をしたことがある人は
なかなかいないかもしれませんが

言ってもいないことを言ったと言われるなど
身に覚えのないことで攻められて
不愉快な思いをしたことがある人は
いるのではないかと思います

そういう時 多くの人は
何らかの形で言い返すと思いますが
しかしイエスさまは裁判の場で
偽証に対してはずっと黙っておられました

イエスさまは イエスさまのことを
試そうとして来る人々に対しては

その悪意を見抜きそれを指摘しながら
真理でお答えになられました

同様に 裁判の場であっても

「あなたは、ほむべき方の子、キリストですか。」

という問いかけに対してだけは

「わたしは、それです。人の子が、力ある方の右の座に着き、
天の雲に乗って来るのを、あなたがたは見るはずです。」

と お答えになられました

そもそもで 裁判において
訴えが事実であるかどうかは
裁判所が検証することです

天の国においては神様が裁判官であり
全ての出来事 全ての関わる人の心をご存知です

事実はどうであったか
その時どんな思いであったかなどは
主張する必要はありません

そんなことは神様が全てご存知です

私たちがもし 人を見ず 悪魔を見ずに
神様の方だけを向くのであれば

神様は全てをご存知であるから
偽証について言い返す必要はありません

故に イエスさまはお答えにならず

その姿勢を模範とするようにと
私たちに語り掛けているのです

このことは

感覚で言うならだいぶん前に
示され掴んだものなのですが

人に伝えることが課題です
引き続き祈り求めて生きたいと思います

Pocket
LINEで送る