自分の責任を果たす

今日は 人の証というのは
自分にとっての預言となることがある

というお話です

今回の話は霊的打ち破りの話なので
そのことに限定して言い変えると

神様と一緒に霊的打ち破りをして
それを証としてシェアしたなら
証を聞いた人にも打ち破りが起こる

ということについて書いてみたいと思います

続きを読む

心の中心に置くべきもの

昨日の日記で情熱について書きましたが
何に燃やされて生きるのか参照)

もし 神様に情熱を傾けることが出来ないなら
自分の中に ある部分において
神様よりもウェイトが大きなものが
存在しているということを意味していると思います

神様以外のものを心の中心に置いても
良い実を結ぶことは決してありません

大切なものを大切にしたいのであれば
それを中心に置くべきではありません

神様を中心に置くことで
大切なものを大切にすることが
出来るようになるのです

続きを読む

イエスさまの弟子となる

昨夜りゅうくんが 海外の教会のスクールに
行って学びたいと思ったけど 違うんだよね

と 言ったのですが

私も2年前に同じことを思ったな と思いました

ある時 イエスさまの弟子になりたい と
強く強く思う時期があったのですが
その時に同じように 誰かからか学びたいと
思いましたが それは違うということはわかっていました

そして今 私はきちんと
イエスさまの弟子にして頂いていると
実感することが出来ています

それは 纏うように私の外側にいらしたのです

続きを読む

神様との距離を埋める

今日 あることについて祈っていました
問題が山積みになっているような印象で
どこから手を付けるべきかわからなかったからです

しかしクリスチャンになってから
今までの生活の中で 神様が見せてくださった
神様の解決方法の順序を考えると

一番最初にやらなければいけないことは
神様と距離が出来てしまっている部分を
見つけて そこに解決を求めることです

神様との距離というのは

神様はこう考えているのに
人は違うように考えている

という「視点の乖離」ですが

それを埋め合わせるために必要なことは
人による悟りや学びではありません
多くの人はここを間違えていると感じます

必要なのは「素直に神様に質問をする姿勢」です

続きを読む

神様が私たちに期待していること

今朝のQTは 最近様々な方法を通して
神様から教えて頂いていることの
総括のような語り掛けでした

神様が私たちに期待をしているのは

「奇跡を起こすこと」ではなく
「神様に忠実であること」です

奇跡を起こされるのは神様であって
私たちは ただ神様が為さりたいことを
見て 自分の責任として受け取り
それを忠実に実行することなのです

続きを読む

賜物の回復

先日神学校で 5役者の賜物にある
長所と短所を学びました

その中で(どの役とは言いませんが)
短所すべてを網羅しているものがありました

これこそが 本来の自分の人生を
自分で傷つけてきた結果だろうな

と 思いました

続きを読む

自由を奪う権威に従わない

殆どの人がそうだと思いますが

私は自分の尊厳を損なうことも
相手の尊厳を損なうことも好きではありません

自分が相手を尊敬することが出来ず
裁いてしまったり傷つける恐れがある場合は
どう向き合えばよいかわからないので
なるべく避けていました

しかし 入ってきてほしくない領域に踏み込んで来る
境界線を越えてくる人に対しては
どのように接すれば良いのかわかりませんでした

続きを読む