心の目を覚ます

Pocket
LINEで送る

一昨日の記事(神様との親しい会話のために)で

神様が至急で呼びかけておられるのを
「ふと心に浮かぶ」という形で
きちんとキャッチしているにもかかわらず
気のせいかな?とスルーしてしまうことがある

ということを書きましたが

神様の呼び掛けを見落とさなくなるようになるためには
ある程度 訓練の期間が必要であると感じます

love-981672_960_720

神様からの示しの変化

神様との新しい関係で 我が家における
神様との関係が変わったことを書きましたが

今までは 私が神様から示しを受けて
祈ったり りゅうくんに伝えたりする
という流れだったのが

りゅうくんが神様から示しを受けて
りゅうくんが祈ることで方向性が決まっていく
という流れに変わったので

私自身が今までのように
明確な示しを受けることがなくなりました

とは言え示しが皆無になったのではなく

まず神様はりゅうくんに示されるのですが
スルーされると私の方に示しをくださるので

今までに比べて示されるタイミングが
少し遅れるのです

それも 今までのように「出来事」のために
リアルタイムに示されるのではなく

りゅうくんに教えるために示されるのです

back-to-school-1576787_960_720

神様が身につけさせたいもの

今日1日でもりゅうくんはかなり
神様からの示しをスルーしてくれて

その都度 りゅうくんが取りこぼした分を
拾うために頭を抱えることになったのですが

最後の最後にやっと 一番の問題に気付きました

それは「祈り」です

思いが与えられた時 即座に祈るという習慣が
まだりゅうくんにないのです

しかし 何故頭を抱えることになったのかと言えば
私自身に りゅうくんを建て上げるという
自覚が薄いせいであったりもします

本音としては 旦那さまにはリードして欲しい
でもまだりゅうくんは 私の弟子ポジションなのです

私が彼を導いていますし
私が教えるのは当然と言えば当然なのですが
でも 私もりゅうくんも自分たちが
師弟関係にあるという自覚は薄いです

そもそもで私が 教師然とするのが
好きじゃないのも大きいわけですが

しかし今日の神様からの語り掛けは
「きちんと教えなさい」でした

bible-896222_960_720

これは りゅうくんに対してだけではありません

誰かを導いたり教えたりすることを
半年前ぐらいから示されているのです

完全にコミット出来たのは
ごく最近ではあるのですけど

もし 私がこの示しに対して
目をそらすようなことがあれば それが
「眠っている状態」であると言えます

幸い(?)私自身は示しに対して
真っ向から対峙するタイプなので
神様と格闘になることはあっても
眠ることはないのですが(苦笑

しかしりゅうくんについては
寝てるかな…と思わなくもなく

「示されたら祈るんだよ」と教えても
思い巡らせることだけで終わってしまい
なかなか祈りまでいくことが出来ません

それに対して忍耐強く 神様に尋ねながら
教えなければいけないのです

その時の神様の声が

目を覚ましているように教えなさい

だったのでした^^;

10人の花嫁の例えを知っていながら
油を買い忘れるようではいけないよ

ということです
マタイの福音書25章1~13節参照)

lamp-203959_960_720

自分が今 何をするものであるかという
アイデンティティをしっかり掴むまでは
習慣化についてのレクチャーが続くようです…

それも「在り方」というところから です

今のりゅうくんの場合は 祭司という役目を
しっかり掴むことを示されています

聖霊を受けたものは全員
祭司としての任を持っていると
聖書には書かれていますが

祭司というのは 人々の悩みや問題について
神様に祈ったり ご意見を伺う立場でした

なのに祭司が神様にお伺いを立てなくてどうするの

という感じであるわけです

まず 思いが与えられた時に祈る習慣付けと
お祈りの課題を書き出す練習かな と思っています

いつまでも私がお守りをするわけにいかないから
自分で出来るようにしていかないとね…

day-planner-828611_960_720

Pocket
LINEで送る