聖めの雨

Pocket
LINEで送る

今日神様から語られたことは
とてもとても個人的なことなので
若干書きにくいのですが

今日は 何か大きな霊的な打ち破りが
あったように思います

帰宅したら大雨が降ったので
綺麗に洗い流されたんだろうなぁと
感じました

silk-yarn-1571889_960_720

打ち破りの代償

具体的に何をしたかと言うと
嫌なことを嫌だと言っただけで
そのこと自体は今までも何度も
「嫌だ」と言っていたのですが

今までは 嫌だと言ってしまうことに
罪悪感を抱いてしまっていたのですけど

自分を責める必要はないと仰る
神様に心を向けていたら

何とも言えない感情が沸き上がり
溜め込んでいたものを全て
吐き出すかのように泣いてしまいました

泣いている最中に

この泣き方は 過去に経験があるなぁと思いました

私には全く責任がないことなのに
責任を背負わされるようなことを言われ続け
黙っているしかなかった幼少期のトラウマが
打ち破られた時のことです

私は悪くない と叫びながら泣いていました
自分の叫び声に驚いて起きたので
夢の中で打ち破りがあったのでしょう

その時の泣き方に似ているなぁと思いました

artwork-142877_960_720

私はビジョンの中で神様を探しました

きっと慰めてくれると思ったのですが
今日は様子が違いました

物凄く 神妙な顔をして地面を見ています

見ると そこには蛇に惨殺された
猫の死体がありました

神様は 怒りを抑えるような表情で
その猫の死体を抱き上げました

猫は生き返りますよね?と神様に聴くと
生き返るよ と答えてくださいました

ですが 神様はとても怒っておられました

暫くすると 猫は生き返り
神様の腕の中から飛び出ました

そして 少し離れたところで
警戒するようにこちらを見ています

神様に あの猫もうちの子ですよね?
飼ってもいいのですよね?と聞きました

すると神様が答えたのではないのですが

「ペットは飼い主の身代わりになる」という
思いがどこからともなくやってきました

もう一度猫を見ると
信じられないぐらい痛かったんだけど!
と抗議をしているように感じました

cat-1074784_960_720

神様の聖め

神様は

自暴自棄にならないでね

とだけ仰いました

それで 何故私が泣いている時に
慰めてくださらなかったのかがわかりました

一緒に痛みを受けてくださったんだ
と わかりました

そして打ち破りのために
この猫は私の身代わりになった

でも 私が この子はもう一度絶対に
命を受けると信じていたことに対して
神様は褒めてくださいました

今日は 夕方から買い物などがあり
外に出ていたのですが 帰ってくるとすぐに
物凄く強い大雨が降りました

神様が怒りを持って 叱りつけて
聖めておられるなぁと感じました

rain-863339_960_720

本当はすぐにでも神様に
怒らないでー と言いたかったのですが

そのことで聖めるべきものが
聖め切れなかったら困るので
少しの間黙って待っていました

暫くして 神様の裁きが終わったら
いっぱい神様に甘えさせてもらう!

と 言ったら

神様の方から思い切り
抱きしめてくださいました

雨はりゅうくんがバイトから帰り
駅に着く頃には止んでいました

Pocket
LINEで送る