神様による一致

Pocket
LINEで送る

聖書の神様とイスラエルの人々との関係については
聖書を正しく読む霊的な助けが必要です

イスラエルの民が1900年もの長い間
国を追われた後も迫害され続けた理由として

イエスさまを殺した民は滅ぼせ という
偏った思想から来ているものが多くありました
十字軍やヒットラーによる迫害がそれです

174-2

背後にあるもの

ですが 昨日の記事に書いた通り
イエスさまは イスラエル人の教師である
パリサイ人が イエスさまを認めて
悔い改める時に再臨されると預言されています

イエスさまが再臨されると困るのは誰でしょう

それは この世を支配している者たちで
アダムとエバから祝福を盗んだ蛇(悪魔)です

イスラエル人というのは
神様の軍隊として選ばれた民です

神様の戒めに聴き従わずに神様の怒りを買い
1900年もの長い時間 流浪の民となったという
側面も確かにありますが

旧約聖書という霊的な恵みを守り伝え
蛇からこの地を取り戻すために
神様と悪魔との間に立つ国民でもあります

私たちクリスチャンは 悪魔の支配が終わり
神様の支配(千年王国)が来ることを
待ち望んでいますが

先日の礼拝で 神様は私に
あるビジョンを見せてくださいました

bible-1805790_960_720

私たちが希望としているもの

礼拝で イスラエルの主という賛美をしている時

神様が 右手に乳白色の美しい球体を持ち
「これがあなた方が希望としているものです」と
仰られました

何があるのだろう?と
その球体の中を覗き込んでみると

そこには美しい海と夕日があるように見えました

ですがよくよく見てみると
そこは海ではなく砂漠でした

そこに 一人の人と乗り物となる動物の
影が映り込んできます

姿は見えませんでしたが それは
イエスさまであると直感しました

暫くすると イエスさまの影の他に
たくさんの歩兵たちの姿が映ってきました

少し疲れているようにも見えますが
彼らはイスラエルの兵士だとわかりました

そして これから起こる戦争のために
備えをしているのです

juxtaposition-572706_960_720

聖書には 再臨の前には必ず
戦争が起こることが預言されています

具体的に どこそこの民族が
イスラエルを攻める時に
神様にしか出来ない方法で
イスラエルが勝利する というように
状況が詳細に書かれています

その戦争の備えをするために
砂漠の中をイスラエルの兵士が
歩いている姿があり

気付くと私も彼らの後ろを歩いていました

神様が あなた方が希望としていることは
こういうことなんだよ と仰いました

神様の到来をただ喜んで待ち望む中で
彼らは戦争の備えをしている

戦争に向かっている

そう思ったら とても切ない気持ちになりました

すると数人の兵士が私の方を振り向き
大丈夫だよーと頭を撫でてくれました

神様という希望があるのだから
私たちは大丈夫だよ と感じました

私たちは同じものを希望としているよと
優しく慰めてくれました

gethsemane-556051_960_720

与えられた役目をこなすということ

ひとりひとりに 神様は
役目を与えられました

神様は 私たちに何をやらせるか
何をやって欲しいのかをイメージして
必要な賜物や環境を与えてくださいました

イスラエルの人々は
神様の軍隊としての役割を担っています

それと同様に

私とりゅうくんは モノ作りという
役割を与えられている

神様から与えられたビジョンを
形にして人に伝えるという役割を
与えられています

戦争とモノ作りは全く違うし
直接的には関係がないことです

ですが 神様のために必要なものであり
神様という希望を持っている

神様の子という意味では兄弟姉妹です

kumamoto-542410_960_720

全てを神様のために捧げる時
霊の目で見ると ひとつになっているのでしょう

人の思い 人の力で一致するのとは
全く違う次元で 途方もない広さであり

一生かかっても全てを知ることが
出来ないことであるようにも感じます

ですが 神様のために祈るのです

神様の選びの民が今日も
肉の命を喜び楽しむことが出来ますように

孤児の霊を持ってしまった
イシュマエルの子孫たちが
神様の子どもとなれますように

全ての神様が造られた異邦人が
あなたを知る機会を得られますように

失われた者たちが
神様の愛と御恵みに気付きますように

Pocket
LINEで送る