安全領域からの脱出

Pocket
LINEで送る

イエスさまが公生涯を過ごされた時
イスラエルの多くの人が
悪霊を追い出し病を癒される
イエスさまのことを喜んでいました

ですが 彼らのリーダーであり
教師であったパリサイ人たちは
イエスさまを受け入れませんでした

イエスさまはこのことに対し
このように仰いました

マタイの福音書23章13節b
あなたがたは、人々から天の御国をさえぎっているのです。
自分もはいらず、はいろうとしている人々をもはいらせないのです。

train-813933_960_720

選びの民としての役目

ですが 彼らがイエスさまを拒絶したからこそ
十字架の贖いは完了しました

神様は パリサイ人たちが頑なであることを用いて
イエスさまの十字架をご計画されたのです

ですがパリサイ人たちの役目は
イエスさまを十字架にかけるだけではありません

この世界(悪の支配)の最後 終わりの時には
パリサイ人たちの悔い改めによって
イエスさまが再臨することが預言されています

マタイの福音書23章39節
あなたがたに告げます。
『祝福あれ。主の御吊によって来られる方に。』と
あなたがたが言うときまで、あなたがたは
今後決してわたしを見ることはありません。

ここで思いを馳せることは
イエスさまを主だと認めていた
イスラエル人の存在です

彼らは二手に別れました

当時のリーダーであり権力者である
パリサイ人たちの顔色を見て
心ではイエスさまを救世主だと思いながら
黙っていた人々と

パリサイ人たちの迫害に遭う覚悟で
イエスさまに従った人々です

cemetery-1169701_960_720

茹でガエルと神の勝利に預かる者

当時の「この世の安住の地」である
パリサイ人の支配から抜けて
迫害という荒野に飛び出した人は

イエスさまを信じる信仰により
永遠の命に入る約束を得ました

ですが パリサイ人たちの支配から
出ることを恐れた人たちは
(詳細は割愛しますが 聖書によると)
神の国で裁判を受けることが決められています

その時彼らは イエスさまを見捨てたと
言い渡されることになるのです

神様の国を前にして 神様に
お前のことなんか知らないと言われて
悪魔と同じ場所に連れていかれるのは
かなり恐ろしいことだと思いますが
そのように聖書には書かれているのです

このことについて 聖書では
人を恐れずに神を恐れなさい

肉の命を奪うことしか出来ない悪魔を恐れず
魂まで滅ぼすことが出来る神を恐れなさい

という表現をしています

flash-1554977_960_720

神様による 愛と奇跡と平安に包まれた生活は
悪魔にとっては妬ましく壊したいものです

故に 悪魔はあることないこと言いがかりをつけ
人々から平安を奪おうとします

言いがかりなので 無視をするか
叱りつけて黙らせればいいのですが

言いがかりに耳を貸して同調したとき
平安は壊され 愛は傷つけられるのです

互いに愚痴や不満を言いあい
霊的 物質的 精神的な貧困と病に
苦しんでいる人に対して
悪魔は何の攻撃もしないどころか
その状態を維持できるように支援すらしてきます

それが 悪魔の支配下における安全領域なのです

緩く死や病 破壊や老いに向かっているけれども
誰もがそのように生きるものだと信じ込まされている

それが この地における安全領域です

hospital-1806111_960_720

悪魔とのいざこざがないという意味では
安全かもしれませんが

どう考えても滅びの道であり
茹でガエルになる道なのです

安全領域から出るということは
悪魔から攻撃を受ける領域に出るということです

ですが 神様の懐に飛び込んで守って頂きつつ
イエスさまの権威で勝利を得ることが出来ます

聖書により戦い方をしっかり学んだなら
恐れることは何もありません

エペソ人への手紙6章10~18節
終わりに言います。主にあって、
その大能の力によって強められなさい。
悪魔の策略に対して立ち向かうことができるために、
神のすべての武具を身に着けなさい。

私たちの格闘は血肉に対するものではなく、
主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、
また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。

ですから、邪悪な日に際して対抗できるように、
また、いっさいを成し遂げて、堅く立つことができるように、
神のすべての武具をとりなさい。

では、しっかりと立ちなさい。腰には真理の帯を締め、
胸には正義の胸当てを着け、足には平和の福音の備えをはきなさい。
これらすべてのものの上に、信仰の大盾を取りなさい。
それによって、悪い者が放つ火矢を、みな消すことができます。

救いのかぶとをかぶり、また御霊の与える剣である、
神のことばを受け取りなさい。すべての祈りと願いを用いて、
どんなときにも御霊によって祈りなさい。

そのためには絶えず目をさましていて、
すべての聖徒のために、忍耐の限りを尽くし、また祈りなさい。

Pocket
LINEで送る