神様が見せてくださった物語

Pocket
LINEで送る

神様が私に見せたいビジョンを
受け取るようになってから
初めての礼拝でしたが

今までビジョンを求めてこなかった理由は
見ることを怖がっていたからだなぁと
(わかってはいたのですが)改めて実感しました

賛美が始まって暫くの間
自分で見ることにブレーキを
かけていることを感じましたが

神様は私に見たいと思って欲しいと
示されたのだから と思い直し
勇気を出して心を開いてみました

street-view-1258671_1920

神様による心の開き方

すると 主に賛美の内容に沿った内容で

りゅうくんが見たと言っていたものや
今まで全く知らなかった神様の視点など

本当に たくさんの情報が示されました

その中でも一番伝えたかったことは
私の心の傷の癒しであったようで

表現を変えて何度も何度も
癒しを受け取りなさいと示された後に

私がそのことを深く理解するための
ショートストーリーを見せられました

night-1542496_960_720

いわゆる「例え話」です

今まで 自分自身がどういう状況にいたか
主観では勿論理解はしていたのですが

客観的なストーリー仕立てで
見せられることにより

客観的に自分の置かれていた状況を
理解することになり

涙が止まらなくなりました

同じ時 りゅうくんも涙を流していたのですが
彼が見ていたビジョンはまた別のものでした

別ではありましたが
私の心の傷と深く関係がある内容でした

2つの融合

夜になってから 私はその内容を
りゅうくんの書斎の絵本の1つとして
作品にすることを促されているように感じました

still-life-1037378_960_720

ですが それは私自身のことなので
それを作品として世に送り出すことに
ものすごい抵抗を感じました

なので 自分では神様に尋ねず
りゅうくんに尋ねてもらいました

しかし 私がそうやって
距離を置こうとしている間にも

神様は具現化するためのアイデアや
進め方について示されていました

そしてついに りゅうくんが
これを作品にすることの意味を受け取り

りゅうくんが見たストーリーと
私が見たストーリーを融合させて
1つのお話にしたいと言いました

book-1014197_960_720

理屈で言えば そのことは
とても正しい判断で

今まで「足りない」と
言われ続けていたものの答えが
そこにあることを感じました

私が ずっと避けてきたことに
向き合う時が来たのだなぁ

とも思いました

Pocket
LINEで送る