神様のみこころという食べ物

Pocket
LINEで送る

昨日の神様体験のひとつを書きます
神様による人生の創造参照)

福音書の中に イエスさまの伝道中の出来事として
このような記述があります

ヨハネの福音書4章31-34節
そのころ、弟子たちはイエスに、
「先生。召し上がってください。」とお願いした。
しかし、イエスは彼らに言われた。
「わたしには、あなたがたの知らない食物があります。」
そこで、弟子たちは互いに言った。
「だれか食べる物を持って来たのだろうか。」
イエスは彼らに言われた。「わたしを遣わした方の
みこころを行ない、そのみわざを成し遂げることが、
わたしの食物です。

cornucopia-1789664_960_720

失われた人々に起きたリバイバル

この聖句は イエスさまがサマリヤの女に
ご自身がキリストであることを話された直後の
イエスさまと弟子とのやり取りです

この時 サマリヤの女は自分の街に戻り
「来て、見てください。私のしたこと
全部を私に言った人がいるのです。
この方がキリストなのでしょうか。」と
人々を呼び集めて来て 多くの人が
イエスさまを信じました

サマリヤ人というのは イスラエル人と
アッシリアからサマリアに来た移民との間に
生まれた人々とその子孫で

アッシリアの宗教が混ざった教派を
信じていたこともあり イスラエル人から
忌み嫌われている人たちでした

ですがそこに リバイバルが来たのです

イエスさまがこのことを為している時
弟子たちは食料を買いに行き 留守でした

戻ってきて食事を勧めたのに
イエスさまは満たされていて
食事は要らないと仰ったので
弟子たちは不思議に思ったのでした

frog-1016128_960_720

「みこころ」の意味

話は変わりますが

実は私は 教会で奉仕をしている時
PC作業をしていると(頭を使うと)
いつもに増してお腹が空いてしまい
かなり違和感を感じていました

かと言って太るわけでもないので
本当にエネルギーを消費していたみたいなのですが

あまり良いことだと感じていなかったので
この聖句を読む度に この時の
イエスさまのような体験をしたい!と
強く願っていました

そしてこのことは イエスさまのように
伝道の時に起こるものだと
勝手にイメージしていたのです

何故なら伝道は 全てのクリスチャンに
与えられた召しであると教わっていたこともあり
伝道こそが神様のみこころだと
信じて疑っていなかったのです

figures-1826253_960_720

ですが 神様のみこころというのは
必ずしも伝道だけではない

ということを強く感じることになりました

昨晩は 教会の牧師さんや兄弟姉妹に声をかけて
羊肉が美味しいお店にみんなで行ったのですが

食事をする前から神様の喜びに満たされて
全く食べていないのに
お腹いっぱいになってしまったのです

お陰で肉を焼いたり みんなと話をすることに
専念出来たので良かったのですが
伝道とは全く関係ないシーンだったので
嬉しいやら驚くやらだったのです

後になり 以前神様が私に見せられた
夢のことを思い出しました
豊かさへの招き参照)

夢の中で神様は 私に宴会の席を見せられて
これからここにたくさんの人を招くが
食材が足りないから食材をもっと
買ってきなさい と仰いましたが

昨日の晩餐が その宴会だったと感じたのです

wedding-1011429_960_720

御国の宴と自分自身の召し

確かに 神の子どもたちが楽しく集まり
宴会の席を設けることに対しては
並々ならぬ羨望を抱いていました

あるクリスチャンの集いで
皆さんが食事をしているのを見た時に
地上に御国が降りていることを感じ
ものすごく感動したことがあるのです

その集いに参加されたゲストの牧師さんは
あまりの素晴らしさに感動して
世界中の要人に声をかけてくれたほど
聖霊に満たされた食事の席だったのですが

こういうのがクリスチャンにとっての
日常になるといいのにな

と 思っていたのです

私とりゅうくんの2人だけでの食事は
比較的それに近いものがあり

いつでも食事のお祈りの時には
神様 一緒に食事をしてくださり
ありがとうございます♪
という言葉を入れています

picnic-1172148_960_720

また 教会でのランチセルの時も
お花畑セルと自称しているのですが(笑
聖霊に満たされていることを感じています

ですが昨晩は それとは比にならず
神様が これこそがみこころだと
大変満足されていることを感じました

そして 上記の聖句を思うわけですが

伝道ではないシーンでこの体験

というのはどういうことなのだろう?
私の召しって一体何なのだろう という
疑問にもなってしまいました^^;

この件については今後も神様に
尋ね求めていこうと思っていますが

一つの可能性としては
執事という立場が近いんじゃないかな
という気がしています

waiter-492872_960_720

執事というのは使徒の働き(使徒行伝)6章
出てくる役職なのですが

伝道や祈りのために働く使徒たちが
教会での人間関係トラブルや
食事の世話などに時間を取られるのは良くない

ということで それらの役を担うために
任命された 信仰と聖霊とに満ちた人たちです

聖書の中にはそれ以上の記述がないのですが
調べてみると 執事に任された仕事の範囲は
かなり広く また不明瞭であったようで

「教会の何でも屋的」なニュアンスを
感じるのですけど

私の教会での立場は正に
そんな感じだったこともありますし

伝道師である姉妹ともずっと
教会の外は彼女 内のことは私と
頼られていたり

伝道に召されているりゅうくんと
パートナーであることなどを考えると

外に出れないのは嫌だーと叫んだ直後なだけに
ちょっとどきどきしています(苦笑

church-1794628_960_720

とは言えまあ

牧会にも召されている感じがしていて
みことばや神様の思いをわかりやすく
かみ砕いて伝えることは大好きですし

今はモノ作りに召されていて
専念するようにも示されています

そう考えると 一つの召しだけに
召される感じでもないのかもしれません

それに役職名が何であっても
私は神様がやって欲しいことを
忠実にやるだけですからね(・▽・)

Pocket
LINEで送る