神様のくびき

Pocket
LINEで送る

昨夜寝る前に りゅうくんと
普段あまり話さないことを話しました

普段 気にも止めていないことが何故か気になり
りゅうくんに伝えてみたいという
思いが与えられたことがきっかけでしたが

りゅうくんにとっては興味津々の話だったようで
思いがけず それにまつわる自分の思いを
語ることになったのです

dsc_1699

神様からの賜物

話した内容は割愛しますが
結論として言うなら

自分の思いで生きることを辞めて(諦めて)
自分の背負うべき十字架が何であるかを
自覚して受け入れる時に神様との歩みが始まる

ということにまとまりました

りゅうくんに尋ねられたのは私の思いですが

私はかなり若い頃に
自分の思いで生きると人生失敗する
ということを体験で学んでいたので(苦笑

最善は何か 神様ならどうされるだろうかと
意識を高いところへ求め続けていました

その思いの故に苦労もしましたが
(守りがないと偽物がたくさん寄ってくるので…)

しかし最終的に 真の神様に出逢い
守って頂けるようになってからは
本当に たくさんのみ恵みに祝福されました

そして ここまで来る道中は
神様から頂いた賜物により
守られていたのだともわかりました

girl-797837_960_720

自分自身と向き合う戦い

ですが

自分の十字架 というものに対しては
最初は何故これなんだー!という思いが
付きまとっていました

自分が自分である故に逃げられないものに
以前は大変苦しめられていたからです

一番コアな部分 自分の召しこそが
敵が一番壊したいことであるとすれば
そこが一番の集中攻撃を受けるだろうことは
容易に想像が出来ます

また それは自分自身のことばかりではなく
傷付いて自分の人生を歩けていないような
人たちと話をしていてもそのように感じます

神様の守りに入った後であっても
また傷つけられるのではないかと
「神様の守りを疑えば」それは
不信仰の故にその通りになります

ですが 神様の守りの中であれば
その苦しみは喜びへと変えて頂けます

「変えて頂ける」という確信を掴むまでは
信仰でそう信じるしかありませんが
信じていればその通りになります

この辺に関しては 自分の信仰の通りになる
と言わざるを得ないかもしれません

birds-216412_960_720

恵みはただ一方的に

ですが神様は その間違えた信仰…

悪いパターンは変わらないと
信じて疑わないような弱い人であっても

きちんと助けられることを
今 目の当たりにしているのです

口では 幸せになりたいと言いながら
同時にその同じ口で 自分を不幸にする
呪いを吐く人に触れられて造り替えています

そこで生じるのが 自分との戦いです

自分の思いに生きて行き詰まり
自分の思いを打ち破る戦いに入るわけです

それを見ていて ふと
何故この人は呪いの言葉を
吐いてしまっていたのかな?

と思っていたのですが

そうか 自分の十字架を背負う覚悟が
まだ出来ていないからなんだな

と 気が付きました

battle-of-mohi-memorial-607562_960_720

あまりにも心の傷が深すぎて
自分の十字架なんて知りたくない!という
叫びが呪いの言葉となって外に出る

自分の思いを守るための呪いなのです

ですがその一方で
本当は幸せになりたいという本音も
ぼそっとつぶやいているわけです

それは 魂の叫びです

神様は 心の傷をご存知です
なので優しく こう仰るのです

マタイの福音書11章28-30節
すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、
わたしのところに来なさい。
わたしがあなたがたを休ませてあげます。

わたしは心優しく、へりくだっているから、
あなたがたもわたしのくびきを負って、
わたしから学びなさい。
そうすればたましいに安らぎが来ます。

わたしのくびきは負いやすく、
わたしの荷は軽いからです。

heart-1562351_960_720

Pocket
LINEで送る