苦手領域への誘い

Pocket
LINEで送る

今日は 昨日出来上がったばかりの
帽子をかぶって教会に行きましたが

色々アイデアを出してくれる人がいたので
帰りに寄ったファミレスで次のデザインを
考えていました

dsc_1696

ちょっと現実世界的なことだったので
自分の思いでやっていないかと不安になり

りゅうくんに 神様がこのデザインに対して
何か言いたいことがあるかどうかを聞いてみてー
出来ればこれに添えたいみ言葉とか
あれば嬉しいのだけど…

と お願いしたのですが

むしろ細かい改善点ばかりが見えたそうで
あ あれ^^;;;

と 思ったのですが

みことばはーーー

と しつこく聞いてもらったら
以下の聖句が示されました

マタイの福音書21章5節
「シオンの娘に伝えなさい。『見よ。あなたの王が、
あなたのところにお見えになる。柔和で、ろばの背に乗って、
それも、荷物を運ぶろばの子に乗って。』」

加えて 子ども向けに考えたデザインが
神様としてはお気に入りらしい

ということも受け取ってくれました

snow-1217124_960_720

りゅうくんは 何故この聖句だろう?
と言うのですが

この聖句は 福音書時代の
イエスさまのご性質を現しています

当時のイスラエル人は キリストは
ローマの支配から自分たちを
救ってくれると思っていた人が多くいたそうです

ですがイエスさまは 戦闘用の騎馬ではなく
人々の荷物を運ぶろばの子に乗ってやって来られ
罪や病に苦しむ人 社会的弱者とも言える人たちの
重荷を全て背負うために来られました

社会的に地位がある人や知恵知識が豊富な人
お金持ちの人に対しては強く訓戒され

小さい子どもを呼び寄せ 弟子の真ん中に立たせ
悔い改めて子どもたちのようにならない限り
御国には入れないと説かれました

donkey-1234193_960_720

その上で 子ども向けに考えたデザインを
気に入っておられることを示された

確かにそれは 神様の御心だと感じました

何故なら 最近の解放の中に
子どもに対する苦手意識に対して
神様が介入されようとしていることを
感じていたからです

神様は優しい方なので
この件に関して「こうしなさい」という
指示命令の形では仰らずに

わたしはこれを気に入っている
(更に言うと恐らくは 私が自分の意志で
そのデザインを描いた ということも含め)

という表現をされました

その思いを察するだけで 神様がこの件に対し
何を言わんとしているかはわかりました

knitt-536052_960_720

本音としては ちょっと引き気味なのですが

しかし方向性を示されたからには
地境を広げて頂けるように祈ろうと思っています

きっと寝て起きた頃には自分の中で
落とし込めていると思うんですけどね^^;

Pocket
LINEで送る