痛みの奥にある本当の思い

Pocket
LINEで送る

今日から2泊3日でりゅうくんが
専門学校の授業の一環で台湾に行っています

バイトが終わったのが0:30過ぎで
帰宅は2時だったのですが
朝5時台の電車だったのでそのまま
徹夜をして出ていきました

city-980893_960_720

りゅうくんが出た後 少しして寝たのですが
起きた時にものすごい不安と体の痛みがありました

と いうより不安になるから
痛みがやってくるわけですが

りゅうくんがいなくても神様がいるのに
我ながら不信仰だなぁ と思いましたが

1日かけてデボーションをしていたところ
これも訓練だから と示されました

神様からの示し

そして 痛みの中にあるものの正体を
神様が示してくださいました

heart-1406019_960_720

以前書いた思い煩いからの解放の記事の中で
「あなたの優しさに付け入る存在」

という表現をされたことを書きましたが

今でこそ 神様がその存在を
どうにかしてくださるという保証を
頂けましたが

過去には 付け入られることを避けるため
付け入ろうとする存在に対しては
徹底的に拒否をすることをしてきました

そのことが 夢での癒しの中で

自分で考えて自分で決めて
作っていた人格だと思っていたもの
であったのです

romance-644144_960_720

付け入られるというのは
悪用されるということです

多くの場合は 自分の利益のために
私を悪者にしようとする態度です

良い意味で活かされるのであれば
自分を守る必要はないし
拒否する必要もありませんが

しかし悪用されることについて
ましてや全くその気がない私を
無理にでも巻き込んで
悪者にしようとするのであれば
拒絶をするしかありませんでした

…例えて言うなら

不正をお願いされてNoと言ったときに
情に訴えたり私を悪者扱いすること

相手が間違えたことを信じていて
正しいことを言っている私が
悪いかのように言われる時のことですが

赤の他人で 距離がある人なら
Noと言って終わることもあるでしょうが

身近な人の場合はそれで終わらないことがある

拒絶というのは 自分自身が一番傷付くのです

sad-505857_960_720

痛みの奥にある思い

ですが神様は それに対して
全てを委ねるように言ってくださいました

あなたはそれを自分の重荷だと思わなくて良いし
思い悩む自分を変える必要もない

あなたの優しさに付け入ってくる存在の
取り扱いはわたしが全てやってあげるから

私は 神様に守られています
そのことはよくわかっています

だから

私が優しいから 悪いことは全部背負わせればいい

そのような態度でいた人たちは
自らの悪で自滅していきました

私はそれが悲しかったのです

その悲しむ自分を 変えたかったけれど
神様はそのままで良いと仰った

自分自身をそのままに ただ
神様に委ねればいいと仰ってくださいました

child-1806203_960_720

悪から自分の身を救えるようになるには
何が善で 何が悪かを学ぶしかありません

悪いことをしている人を見て
あのように美味しい思いをしたい
協力してくれないか

そんなことを言う人がもう二度と
自分の人生に現れないことを
心から祈ると共に

神様に期待をして神様により頼めば
悪いことをするよりももっともっと
素晴らしいものが手に入ることを

悪いことをしなければ
幸せになれないと思っている人が
きちんと 知ることが出来ますように

Pocket
LINEで送る