イエスさまを土台に生きる

Pocket
LINEで送る

昨日の癒し(夢での癒し)の後

ずっと とても暖かいものに
包まれているような幸福感がありましたが

今朝 起き抜けに見た夢の中で
イエスさまがその幸福感について
教えてくださいました

その幸福感は神様が愛を注がれた分で

いつもその愛に満たされて
周りにその愛を注げばよいのだということ

自分の頭で考えて人を愛するのではなく
注がれた愛をただ流すだけでよくて

自分が神様に愛されたように
人を愛したいと思うこと

それがイエスさまを土台に生きるということ

book-506481_960_720

今まで 聖書からイエスさまを学び
その生き方を土台にする という感覚でいましたが

そうではない という示しでした

そうではなく 神様が注がれた愛を
自分の真ん中に置き それを基準にして
生きることなのだと

ということは

神様の愛を体験しなければ
体験し続けていなければ
イエスさまを土台に生きることは出来ない

ということです

神様との親しい交わりが一番大事って
こういうことなのねぇ と思いました

child-1111818_960_720

クリスチャンに与えられた使命は
神様の臨在を運ぶことです

自分に注がれた愛をそのまま
外の人に注ぐこと

勿論 その先にもっと深い訓練はあるのだけど

どんなに素晴らしい素材で家を建てても
砂の上であったらあっという間に崩れ去ります

マタイの福音書7章24-27節
だから、わたしのこれらのことばを聞いてそれを行なう者はみな、
岩の上に自分の家を建てた賢い人に比べることができます。

雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけたが、
それでも倒れませんでした。岩の上に建てられていたからです。

また、わたしのこれらのことばを聞いてそれを行なわない者はみな、
砂の上に自分の家を建てた愚かな人に比べることができます。

雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけると、
倒れてしまいました。しかもそれはひどい倒れ方でした。

イエスさまの言葉の中にある
愛と義と誠実さを感じることが出来るなら

イエスさまが私たちのことを思って
訓戒してくださっているということがわかる

それが「わかる」ということが
大事なんだなぁと思いました

baby-22194_960_720

その土台の上に何を建てるのかは
また別のお話になりますけど

イエスさまという愛を土台に
良いものを積み上げていきたいですね

コリント人への手紙第一3章12-15
もし、だれかがこの土台の上に、
金、銀、宝石、木、草、わらなどで建てるなら、
各人の働きは明瞭になります。
その日がそれを明らかにするのです。
というのは、その日は火とともに現われ、
この火がその力で各人の働きの真価をためすからです。

もしだれかの建てた建物が残れば、その人は報いを受けます。

もしだれかの建てた建物が焼ければ、その人は損害を受けますが、
自分自身は、火の中をくぐるようにして助かります。

candles-1645551_960_720

Pocket
LINEで送る