恐れからの解放

Pocket
LINEで送る

昨日の記事(ビジネスの現場での神様の働き)で
お祈りの中で神様から ある意味での
とどめを刺されるようなことを
言われてしまった と書きましたが

翻訳された言葉と元の英語に
若干のニュアンスの違いを感じたので
録音しておいたお祈りの言葉の
英語の部分を調べてみました

mobile-616012_960_720

神様の示しの再確認

それにより明確になったことは
(それでもやっぱりとどめの一言でしたが)

あなたは労働者ではない

ということでした

もう少し詳細に言うなら

あなたがどれほどの生産性があるか
あなたが何が出来るかは関係ないし
誰かがあなたに頼みごとをしても関係がない

あなたは労働者となる女性ではない

あなたが何をやるべきかは
怒りを手放せば神様が示してくださる

と 言われたのです

今年の6月頃に神様から
あなたはもう作業者になってはならない

と 結構はっきりと示されていたので

それと全く同じことを
他の人の口を通して示されたわけですが

どうしてわざわざ 人の口を通して
示す必要があったかと言えば

私の中にその可能性も残しておきたい
という思いがあったからなのです

fountain-pen-270974_960_720

しかし昨日の預言的な祈りの言葉で

完全にその道は断たれた
自分にはその可能性は全くないんだ

ということを強く自覚すると同時に

どうしてその可能性がゼロであると
思うのが嫌だったのか
気付くことが出来ました

恐れの正体

平たく言えば 不安があるからです

お金の不安とかそういうものではなく

家から出る機会がなくなるのではないか
外の人に会う機会が無くなるのではないか

という不安です

chile-house-1115590_960_720

私に与えられたミッションは
この文章もそうですが
家で1人でコツコツと
モノ作りをすることが中心です

よくよく考えれば 作ったものを
外に持って行く機会は必要なのですが
今はまだそのビジョンが見えていませんし

何より 常に外にいる働き方とは違い
8~9割が準備で 外に出る時間は1~2割です

元々人と接することが好きで

中学~高校の時は30人ぐらいの人と文通をして
月に1度はイベントやお茶会に顔を出し

20代の頃 活動の場がネットになってからは
OFF会やイベントを通し 多い時は
年間100人以上の人と会っていました

tea-1678894_960_720

しかし 自分の人生の中で何度か
全く外に出られない時期があり

そういう時「雇われること」というのは
お金と人間関係を簡単に手に入れるための手段でした

体調を崩した直後であっても
派遣で働くことですぐに
家を出ることが出来ましたし

web制作を個人で受注していた時期は
会話をするのがお客さんだけ という状況が
大変苦痛だったため
手っ取り早く人と会話をすることが出来る
コールセンタへ勤めに出ました

しかし これは確かに 本来の自分の召しから
脱線したままよくわからない方向に
行っている状態であることはわかっていた

ですが 生活をするということだけを考えたら
とても楽なので

そのうち こういう働き方も悪くないなー
給料も良いし 年を取っても出来る仕事だし

なんてことも考えていた時期もありました

しかしこれこそが悪魔の誘惑だったわけで
神様はそれを決して許されなかったのです

child-1721906_960_720

心から叫ぶ

私自身 神様に従うこと以外で
幸せになれるとは思っていませんでしたが

それでも 逃げ道が塞がれることが怖かったんですね

昨夜 溢れるように

家で物を作ってるだけの人生なんて無理!
人との接点がない人生なんて絶対に嫌!!

と 泣いてしまいました

いや 本当のことを言うと
もう少し色々と言いましたが^^;;;

ともあれ叫びました

家で一人で作業するだけの人生なんて絶対に嫌だ!

するとりゅうくんが

神様がそんなことするわけないやろー
絶対一緒に外に行けるから大丈夫

と 言ってくれました

rainbow-514200_960_720

言われてみればそうなのです

人と会う機会が無くなるというのは
ただの思い込みでしかないのです

神様は良い方ですし
私の良いところも悪いところも
全てご存知の方です

そして何より
私に賜物を与えてくださったのは神様です
その賜物を生かさないはずがないのです

ですが 恐れというのは
ものを大変近視的に見せるものなのです

実際このことは 今の今まで
(それこそ叫んでいる時でさえ)
全く自覚のない恐れでした

赦しと召し

それで 冒頭に戻るわけです

あなたが何をやるべきかは
怒りを手放せば神様が示してくださる

自分が自分の召しから脱線する理由を作った
様々な事柄を全て赦すことをしました

出来れば触れたくない 思い出したくないことも
祝福をすることにしました

sky-1084433_960_720

しかも今日の礼拝でのメッセージは
祈ってくださったスピーカーによる
「怒りを手放す」ためのメッセージで

かなり根深いところにあったものを
手放すことが出来ました

そして 彼に昨日の祈りの証として
自分が間違えて掴んでいたものの正体と
自分が神様に示されている
クリエイティブな事柄を伝えました

すると 彼はとても輝いた
そう!それだよ!という表情で
私の手をパン!と叩いてくれました

ああ やっぱりこれが私の召しなんだー

と 深く深く腑に落ちました

cat-691175_960_720

その後 セルグループの人たちと
私たちが召されている世代の人たちへの
伝道に祝福があるようにお祈りして貰いましたが

あなたはもう その召しを
きちんと掴んでいるわ

あなたたちは 神様への愛と
互いの愛により名が知られることになる

と いう

私にとっては ほんっとうに
最高級の祝福の言葉を頂きました

どんな誉め言葉よりも最高の言葉だと思う

それであればやりたい
そういうものであればきちんとやりたい

希望と期待に溢れる思いを持つことが出来ました

本当に感謝します

flowers-21265_960_720

私の思いと神様のビジョン

地元に戻ってきてから祈りの時間を持ち
家に戻ってからもお祈りをして

そしてふと ひとりになった時に

彼のミニストリーに参加したいと
思ったのはある意味正しかった

それは叶わなくても 遠く離れていても
彼のことを自分の中で師匠だと思うことにしよう

彼のように 愛に富んだミニストリーが
出来るようになりたいな

と いうことを思い巡らしていたら

りゅうくんが

神様が今なんて言ってるかわかる?

と 突然言ってきました

heart-1187266_960_720

何を言ってるかは知らないけど
今こういうことを思い巡らしていたよ

と伝えたら

神様は最初 すみのことを後ろから抱きしめて
愛しているよー愛しているよーと言っていたのだけど

神様 何を仰ってるのですかーと尋ねたら
神様の後ろに山積みの紙の束が積まれて
その前で神様が躍りだした

その紙は何ですか?と聞くと
救う人たちの顔写真と名前と
いつどんなシチュエーションで救われるか
という詳細な計画書だったそうです

letters-286541_960_720

そっかー 山積みかぁ

心配しなくてもきちんと
たくさんの人に出逢う計画を
くださっているんだな

と 思いましたが

りゅうくんが

あなたの憐れみと思い遣りに対して
奇跡を起こす ということに感じた

と言いました

これは 神学校に入学した時にもらった
預言のことなのですが

私が望んだから神様が
それだけの人を救う機会を
私に下さるご計画をくださった

ってことかな と思いました

私の心の叫びを聞いてくださったんだな
と 思いました♡

dsc_0619

Pocket
LINEで送る