赦しというとりなし

Pocket
LINEで送る

法律やルールと聞くと
窮屈さを感じる人もいるかもしれません

ですが 例えば交差点に信号もなく
どちらが優先的に一時停止をするという
決まりもなかったらどうなるでしょう

まず事故が起こるでしょうし

事故が起きた時のルールがなければ
立場が弱い人が痛い目を見るでしょう

法律やルールの多くは
人を守るために存在します

junction-984045_960_720

知る知らないに関わらず法の下で生きている

その法律やルールの性質は
管理する立場の人の性質や考えを反映します

今の日本なら 国の法律という大きな枠の下に
都道府県や市町村という地方のルールがあり
その下に 自分が所属している
コミュニティ…会社や家庭のルールがあります

法律やルールは 自分から学ぼうとするか
誰かが教えなければ知ることが出来ません

特に子どものうちは 管理者である親が
子どもにルールを教える責任があり
子どもが法律を破った時は 親の責任が問われます

家の中で 子どもが親の財布からお金を盗み
それを注意することなく
子どもは盗んではいけないということを
学ばなかったとしても

そのまま大人になり 外で盗んだ時には
それが悪いことだと知らなかったと言っても
逮捕されてしまいます

cop-1537368_960_720

法治国家である以上は
本人の知る知らないは関係ありません

そうでなければ法の意味がありません

知らないからと言って法が守られなければ
盗まれる人の権利を守ることは出来ません

法は 人を守るためにあるのですから
加害者が知らなかったとしても
法は 被害者をきちんと守るのです

この世の秩序

そして神様は 全ての創造主であり
神様ご自身が 真理であり秩序です

神様は義なる方で誠実な方であり
愛なる方です

神様は完全な方であり
必要があってこの世を造られたのではない

この世界は ただ神様の愛により造られました

dawn-190055_960_720

神様は この世界の素晴らしさを
共有するために人を造られました

そして人が幸せに生きるために
律法を与えてくださいました

ですが 神様が為さったことは
それだけではありません

神様がくださった法の中には
両親を敬うこと
安息日を守ることなど

多くの現代人が一生を通して
守り続けることが困難なことも
定められています

私自身 反抗期には両親に悪態をつきましたし
忙し過ぎて休みが取れない日もありました

そういった 悪い種を撒いた結果
悪い実を結んでしまうこともあるでしょう

teddy-242851_960_720

ですが 法を破ったものに対して
神様が定められている代償は「霊の死」です

肉の死のことではありません

大小に関わらず 一度でも
罪を犯したことがある人は
天の御国に入る権利
永遠に神様と共に生きる権利を失うのです

ですが 人には 全く法を犯さずに
生きることが出来ないことを
神様はよくご存知であるので

イエスさまという解決をこの地に
送ってくださいました

イエスさまを信じた時 イエスさまが
罪の贖いをしてくださったという
み恵みを受け取ることが出来ます

ですが 救いを受け取るだけでは十分ではなく

神様の赦しを余すことなく受け取るために
悔い改め というものが必要であると
神様は仰られています

そして 悔い改めたものに対しては
罪を犯したことを忘れると
仰ってくださるのです

children-479692_960_720

とりなしという犠牲

ところが この赦しの法則には
加害者本人が悔い改めることだけではなく

被害者の犠牲によるとりなし
というものにも大きな力があります

愛に燃やされて生きるにある証ですが

ある牧師はアフリカで暴行を受け
一度は息を引き取りましたが

多くの祈りにより息を吹き返します
しかしその時 死に至るほどの傷が
まだ残ったままで 彼は大変苦しみますが

その苦しみの最中で 彼を襲った暴漢を
赦すことを宣言します

犯人は警察に捕まっていましたが
赦すことを伝えた時 警察は
馬鹿げていると大変怒りました

何故なら警察は こういう暴漢は
罰しないと再び罪を犯すと信じていたからです

prison-482619_960_720

ですが最終的に 警察は犯人を
釈放することを決定してくれました

その決定の瞬間 被害者の牧師にあった
死ぬほどの傷が一瞬にして癒されるという
奇跡が起きました

犯人は 牧師たちが引き取りに行きますが
悔い改めて 神を受け入れ
神学校で学ぶまでになったそうです

被害者である牧師は 命を奪われるほどの
暴行を受けましたが しかし犯人を赦したため
本来の健康と 犯人の悔い改めという
2つの報酬を神様から受けました

牧師は勿論 一人でも多くの人が
救われることを祈っていましたが

自分の命を犠牲にして 赦すことで
自分の命(怪我の癒し)を受け取り
ひとりの尊い命を救いました

正に 身体を張ったとりなしであり
命をかけて救われた犯人は
その愛に打たれて悔い改めたのです

christian-1431642_960_720

イエスさまの十字架とは
正にそういうものでした

私たちが誰かを赦せずにいる時

心にある傷が自分自身を
傷つけたり病ませていることがある

ですが赦すことを決めた時

神様は 自分自身の回復だけではなく
相手の命をも救ってくださるのです

神様の愛にある美しさ

少し前 赦すという宣言の意味という記事で
全ての人を赦すお祈りを促され
神様の大いなる愛を感じたことを書きました

heart-1809675_960_720

実はあの日以来 よく神様に
私は何を赦すべきですか?と
聞くようになったのですが

自分が救いたいと思っている人に
傷つけられ 尚も赦すという姿は
イエスさまの救いなしには
なかなか受け入れることが困難な
姿であると思います

創造への召しの中で
マコトフジムラさんが仰っている
トラウマの奥にある美しさ
犠牲の愛という美しさというのも
同じことであると思います

人の力では 難しいかもしれません
ですが神様はそれを成し遂げてくださり

そして今 私たちの中に住んでくださっている
それはとてつもないことであるように思います

私たちは弱いです
とても許せないと思うかもしれない

それでも その弱さに
神様が現れることを祈ります

heart-1615903_960_720

Pocket
LINEで送る