神様の作品としての命

Pocket
LINEで送る

今日は感謝祭記念礼拝ということで
礼拝全体に「感謝」の雰囲気が満ちていました

勿論 神様に感謝することは
大小全てを集めれば星の数ほど
あると言っても過言ではなく

日々感謝を捧げているわけですが

賛美の最中に神様が語られたことは
私にとっては物凄く意外なことでした

star-707320_960_720

そのままを愛するという真意

それは一言で表すなら
自分自身の存在に対する感謝 でした

神様がくださった賜物一つ一つを取り上げて

あなたはこんな賜物を持っている
こんな賜物まで与えられている
そして神のイメージの通りに
このように造られた

あなたはこんなにも素晴らしく造られた
そのことに感謝をして欲しい

という語り掛けを受けました

神様の気持ちを考えたら
このことはよくわかります

神様は 私たちをご自身のイメージ通りに造られ
神様の御手で守りながら大切に育ててくださっている

神様にしてみたら 私たちは
ひとりひとり素晴らしいご自身の作品で
ご自身の独り子を与えるほどに
愛してくださっている

こんなに素晴らしく造ったのだから
そのことにまず感謝をして欲しい

と 思われるのは 創造された方として
当然であるように思います

baby-784608_960_720

が 自分自身が素晴らしく造られたことに
感謝をして!なんて言われてしまったら

流石に赤面&余りあるお言葉ですーなんて
一瞬ドン引きしてしまいそうな思いがありました

神様の言葉というのは
癒しと解放をもたらす言葉なのです

神様の思いが自分の中に入ってきた時

「自分が素晴らしい」と思うことを
タブー視しようとしている理由に
思い違いがあることに気が付いたのです

恐れは敵の罠

示された賜物を持っていることは
今までに何度も人からも示されていたし
自分自身としても自覚をしていましたが

自分の中で これは神様のものなので
自分のものだと思ってはいけない

という妙な思い込みがありました

fence-1117735_960_720

というのも それが自分のものだと思い
高慢になることが嫌…というか
高慢になることを恐れていたからです

ですが神様から示されて

自分が神様のイメージ通りに造られ
神様が与えたいと思ってくださった賜物を持ち
神様のために用いてもらっている

そのことに感謝をする という思いが
自分の中に流れ込んできた時に

与えてくださったのは神様だと
きちんとわかっているのに
何で自分だけで生きているような
高慢になることがあるのか

与えてくださった神様に感謝して
喜んでいる方が余程素晴らしいじゃないか

ということに目が開けたのです

youth-570881_960_720

要するに「高慢になるかもしれない」と
恐れていたこと自体が 敵の思惑だった
ということに気が付かされたのです

また このことに気付いたのと同時に

きちんと神様から 高慢にならないように
ストッパーを頂けていることにも気が付きました

嘘をついたり隠しごとをしない限り
これはどう考えても神様のなさったことだと
言い表すことが出来るように
きちんと全てのものを与えてくださるのです

恐れる必要は全くなかった ということです

聖書に書かれている通り
恐れというのは神様から出たものではない
ということですね…

テモテへの手紙第二1章7節
神が私たちに与えてくださったものは、
おくびょうの霊ではなく、力と愛と慎みとの霊です。

警戒する ということは良さそうに見えて
案外 敵の嘘に既に引っかかっているだけ

ということなのかもしれません

bear-trap-413397_960_720

神様はあなたにどう生きて欲しいのか

このことにより

神様からストップがかかることについて
物凄く重要な意味があることに気が付きました

それは 神様が造られた私のイメージから
外れたことはやって欲しくない ということです

今まで私は 目的のためには自分の思いを
曲げる必要も時にはある と思ってきました

実際 自分であまり納得いかない役回りでも
仕事だから仕方がないと思って
こなしてしまうことが多くありました

それは大変なストレスですし
他人の利益のために自分自身が
そこまでするいわれは全くないのです

本当はやりたくないのに我慢してやることに
何の価値もないのです

喜んで愛を持ってやることだけに価値があるのです

heart-762564_960_720

神様がお持ちの思いはただひとつ

ご自身が造られたイメージと違うことに
折角与えた賜物を用いないで欲しい

お金のためだからダメなのではなく
神様のイメージから外れているから
やってはいけない ということで

それはセルフイメージを歪めることであり
神様が造られたものを壊すことである

と いうことなんだなぁと思いました

神様の作品としての命

神様が育てたい私というのは
神様がイメージした通りの私であり

神様が愛してくださる私というのも
神様がイメージした通りの私なのです

gift-553124_960_720

神様の素晴らしさ 栄光を現そうとするなら
神様が造ったままの私でなければいけない

そうではない私がどんなに賜物を用いても
それは神様の御業とはなり得ない

神様の作品としての私でなければ

どんなに素晴らしい賜物を頂いていても
それを神様のために用いたとしても
全く神様の栄光が現れない

ということなんだろうなぁ と思います

まだ 気が付いたばかりのことなので
そうなんだろうなぁ という仮定止まりなのですが

神様のイメージ通りの私に
神様が何をして欲しいのか

もっと言うなら どういう水準で
どういうクオリティレベルで
どの辺に落としどころを付けて
やっていけばいいのか 等々でしょうか

詳細について 引き続き神様に
祈り求めていきたいと思います

Pocket
LINEで送る