本質との整合性

Pocket
LINEで送る

必要をご存知の神の文中に書いた
神様のイメージ通りであると示された
自分としてはあまり好きではない
自分自身の特徴について

勿論 自分自身のことであるから
自分に正直になればいいだけなのですが

自分の本質を考えたら
絶対にこういう人格形成にはならないはずなのに
どうして今の自分はこうなんだろう?

と いう「ずれ」に思い当たりました

puzzle-1126509_960_720

未熟な子どもの思い

結論から言ってしまえば至極簡単なことで

単純に 自分とは全くタイプが違う
母親の考えをそのまま真似してしまっていたり

あまりにもタイプが違う母親と
当たり障りがないように付き合うために
母をフォローするための人格を
作ってしまっている ということです

母は コミュニケーションが大変苦手で
人と話すより試験管を洗っていたい
という人だったので
会話が成り立たなかったのです

lab-217074_960_720

意識的にライバル視していた父親に
対抗するために作った自分の人格については

自分でそういう生き方を選択したという
自覚もありつつ

長年かけてある程度以上のレベルにまで
自分自身を育ててしまったので

そこから得た「経験」は手放すことなく
自分自身の「思い」だけを手放すことが必要でした

自覚があるなら早いのです
(問題は手放そうと思うかどうかだけです)

神様に委ねます 手放します 受け取ってください!と
宣言するだけで神様は取り去ってくださるので
そういう意味では簡単に手放すことが出来ました

しかし 幼少期の人格形成については
まず 自覚がないのでその「ずれ」に対して

ずーっと

何かもやっとする 心が痛いという
漠然とした思いでしか理解が出来ず
なかなかその本質的な正体に気付けませんでした

しかも 父に対して意識的に持った思いとは違い
所詮は子供が考えるものなので 大変未熟で稚拙です

doll-1792846_960_720

それでいて自分自身の本質と全く違うので
成長もさせられないまま自分の中に残っていて
自分自身が伸び伸びと生きることを邪魔している

と いうことに気が付きました

思考のパターンを手放す

様々な本で読んで知ってはいましたが

母親というフィルタを取り去らないと
自分の本音が出て来ないんだなぁ
ということをしみじみ実感しています…

まずは 自分の中のもやっと感を
手放すところから始めなければなりません

余計なものを掴んでいたら
新しいものが入ってこないからです

神様が渡したいものを掴むために
まずは自分の中の不要なものを
捨てる必要があります

litter-294044_960_720

ということで

今日は 自分が何にもやっとしているのかを
洗い出して 手放すことをやっていました

夢の中でもブレイクスルーがあり
自分自身のことについても
新しいイメージを持つことが出来ました

今日はりゅうくんにも新しい試みがあり
色々と動いているなぁと感じます

神様 導きを本当に感謝します!
そして 神様からのみ恵みに期待をします♡

grapes-1442943_960_720

Pocket
LINEで送る