人の思いとさよならをする

Pocket
LINEで送る

クリスチャンになってすぐの頃の話ですが

独り暮らしの実家の母が緊急入院をしたため
入院費を郵便局から引き出して欲しい

と依頼をされたのですが

これとこれを持って何時までに
郵便局に行けばお金降ろせるから!

と 母が説明する内容が それじゃ絶対
代理人にお金を降ろさせてくれないだろう

というものだったのですけど

その電話を受けた直後に神様から
そこの郵便局で尋ねなさい と示されたので
たまたま目の前にあった郵便局に飛び込んだ

すると ものすっごーい親切丁寧な局員さんが
詳細を教えてくれた上に 書類までくださった

お陰で不安もなく 万全な準備をして
指定の郵便局に行くことが出来たのでした

russia-1645251_960_720

神様の目線

お金のことだし 今後母が妹に同じことを
依頼する可能性もあるだろうと思ったので

母に あなたの説明だけでは不足していて
このような書類が別途必要だったよ
と いうことを念のため伝えました

しかし 母はプライドが高く
人から学ぶことが苦手な学者タイプで
物凄い勢いで逆切れされました

うわもー面倒くさいなぁ と思いつつ
いつものことではあるので
またか と思う程度だったのですけど

神様が それでいいんだよー
と 仰るのです

その時は雨が降っていて
どんよりとした曇り空だったのですが

突然目の前の雲が切れて光が降り注ぎ
理由もなく涙が溢れました

sunset-1791832_960_720

「それでいい」の意味はよく分かりませんでしたが

素直になれないけどお母さんは
あなたのことを思っているよ

ということを感じました

ちなみに その後気付いたことは

母は 口ではなんやかんや言いつつも
後できちんと教わったことを覚えていて

尚且つ 自分は最初からそれを知っていた
と記憶しているのです^^;

プライドってほんとめんどくさい…とは思いますが
重要なことは 間違えた知識で
周囲を混乱させないで欲しい ということなので

学習してくれているならいいか と思いました

今思うと 神様が仰った「それでいい」は
母の思いについてだけではなく

きちんとあなたの思いは伝わってるから
大丈夫だよ という意味もあったのかもなぁ

と 思います

heart-1349974_960_720

言葉は思いから出る

どうしてそんなことを急に思い出したのかというと

今日 りゅうくんが遅刻ぎりぎりで
自転車で駅まで移動していたのですが

自転車置き場から駅まで行く間に
電車の時間を調べる余裕はないだろうから
何時の電車なら間に合う ということを
メッセンジャーで伝えようと思いました

ですが書きながら

こんなの見ずに走ってくれると良いなぁ
駅についてからこれを見て確認するのでいいよな

と 思っていたのです

すると暫くして

走ったから1本前に着けた
メッセージ見てたら次のでもいいかって
安心して歩いて間に合わなかった

と返信が来たのです

cologne-1527780_960_720

これ 本人には悪気がないどころか
教えてくれてありがとうと思っているんです

それはわかっているのですけど
でも こんな言われ方をしたら
メッセージがあるせいで遅刻したかも
と言われているような気になります

走って良かった 神様だねってことを
言いたいだけなんだと思うのですが

どうせ神様が守ってくださったのだろうから
混乱させるような情報を送るのは
お節介だったな と 思いました

すぐに神様から それは違う
という示しがありました

心配をしてメッセージを送ったことは
きちんとりゅうくんが間に合ったことに
役立てている というのです

確かに 思い当たることはあります

私がりゅうくんの帰りの時間に
雨が止むように真剣に祈ったときは
きちんと雨が止んだり小ぶりになるのに

りゅうくん一人だけが祈ったときには
雨が止まず レインコートを着たために
泥跳ね被害から守られたから返って良かった

等々

祈ろうと思う心や 何かを行動しようという心が
自分から出たものではなく
神様から与えられたものだと
感じることは多々あるのです

rain-122691_960_720

今回の件がどういう意味で
お役に立てているのかはわかりません

ですが確かにメッセージを書きながら

こんなの見ずに走ってくれたらいいな
後でこれ見て安心できるならそれでいいな

と思い その通りになったのです
神様は 私の願った通りにりゅうくんを
間に合わせてくれているのです

結局 踏みにじるのは人の言動だということです

豊かさに心を明け渡す祈り

りゅうくんは神様に対して謙遜ではありますが

受ける恵みの大きさをプレッシャーに感じ
それを踏みにじりダメにしようとする
発言をすることが多々あります

というか それで実際に踏みつぶすことも多々あります

ですが そのことは自分にも身に覚えがあるのです

footprints-584615_960_720

クリスチャンになってすぐ 神様から連続して
何度も何度もあり得ない と思うような
み恵みを貰い続けてしまったとき

最初の1~2回は 素直に喜んでいたのですが
3回目ぐらいから何だか不安になってきて

自分のミスでそのみ恵みを
台無しにしてしまったのです

物凄い凹みました

不安に思ってしまい 疑ってしまったことを
物凄く深く反省して 悔い改めのお祈りをしました

本当にごめんなさい
み恵みをダメにするなんて本当にあり得ない

ですが私のこの不安に思う気持ちは
自分ではどうにもできないので
神様がこの思いを取り 私の地境を広げてください

と すごくすごく祈りました

cruz-1092672_960_720

その後は気付けば一切 不安を抱くことはなくなり
神様が祈りを聞いてくださったことに感謝しています

他にも 例えば占いや風水 偶像の祈りなど
神様が忌み嫌われる知識についても

知って 覚えてしまっているものですから
ふとした時に思い出してしまうのです

その度に 神様 この記憶を本当にどうにかしてください
消し去ることは無理でも思い出さないように
どうか助けてください と
思い出してしまう度に必死に祈っていました

これには時間がかかりましたし
勿論記憶が消えたわけではありませんが
それでも 思い出さなくなるようにはなりました

これは癒しについても同じです

怪我や病気に対して
治るのにこれぐらいかかるであるとか
これが効く これをやったら悪化する等々
たくさんの情報や知識を持っています

だけど それら物理法則を超越して
神様は癒すことが出来る方だ!ということを
信じて癒しを受け取らなければいけない

そのことを 手を変え品を変え
日々多くの面に感じています

天の御国の文化を自分のものにするには
神様による体験と時間が必要なのです

time-425818_960_720

神様が与えたいもの

よく 癒しのお祈りに関して

祈ってもらったときは良くなったけど
帰ったらぶり返してしまった

という話を聞くのですが
これこそ正に 人の思いで
神様の奇跡を台無しにしてしまう例です

ですが そのこと自体は仕方がないと
神様はご存知でいらっしゃる

それに対して神様は 自分の思いや努力で
乗り越えようとするのではなく
祈り向かってほしいと思っていらっしゃいます

自分の思いを変えることや
記憶を消し去ることは不可能です

ですが 神様の方を向くとき
神様のことだけを見つめる時

神様に祈り向かう時に
神様は 奇跡を下さる方なのです

winter-sun-1547273_960_720

自分の不信仰で台無しにした と凹んで
自分には愛される資格がないと思ったり
自分の努力(洗脳)で変わろうとすることを
神様は望まれていません

神様 これいらないです取って!と叫ぶ時に
神様はきちんと取り去ってくださるのです

Pocket
LINEで送る