生ける神

Pocket
LINEで送る

イエスさまは ヨハネの福音書の中で
奇跡についてこのように語られています

ヨハネの福音書14章12節
まことに、まことに、あなたがたに告げます。
わたしを信じる者は、わたしの行なうわざを行ない、
またそれよりもさらに大きなわざを行ないます。
わたしが父のもとに行くからです。

実際 使徒たちは
使徒の影や持ち物に触れるだけで人々の病が癒される

毒蛇に嚙まれるが何の影響も受けない

牢獄に捕らえられ賛美をしていると
大きな地震が起きてすべての牢屋の鍵が開く

などの奇跡を体験しています

shadow-205510_960_720

神様はいつでも新しいことをされる

今でこそ これらの奇跡は
「新約聖書に書かれている奇跡」ですが

当然ながら 当時は聖書のどこにも
書かれていない奇跡でした

また イエスさまはユダヤ人だけに
福音を述べ伝えていましたが

使徒たちは異邦人へも福音を伝えるよう
神から啓示を受けて世界へ広がります

生ける神と共に歩いていれば
いつでも新しいことが起こる

それらは 上述のヨハネ14章12節にある通り
イエスさまが神様の元に行かれた故に
起きることであると示されています

イエスさまは今でも 神様と共にいて
今の時代の必要な奇跡-愛とみ恵みを
私たちを通して地に現そうとしておられるのです

sky-1253086_960_720

聖書はハウツー本ではない

実は今日 りゅうくんが唐突に
こんな内容のことを言いました

ハウツー本にはその本のテーマの
ノウハウだけが書かれているけど

聖書は人生全てを網羅するノウハウが
書かれている完璧な書物だね

結論から言うと この解釈は間違えています

そういう書物は存在していて
ベストセラーになったりもしているそうですが

生ける神のご性質を知らずに
聖書からノウハウだけを抽出したとして

実際に人生に役立つことといったら
この世の理を学ぶこと程度でしょう

神様を知らない人にとっては
それだけでも十分有意義かもしれませんが

神様と共に歩こうと思うのであれば
この解釈は明らかに間違えています

bible-428947_960_720

神は生きておられる

確実に言えることとして

聖書の神様というのは 決して
聖書という本の中に書き記し切れるほど
小さな神様ではありません

子であられるイエスさまのことでさえ
ヨハネはこのように書いています

ヨハネの福音書21章25節
イエスが行なわれたことは、ほかにもたくさんあるが、
もしそれらをいちいち書きしるすなら、世界も、
書かれた書物を入れることができまい、と私は思う。

その上で イエスさまは弟子たちが
さらに大きなわざを行なうと仰られた

であれば 私たちは神様の弟子として
より大きなわざを行うために
召されたと言えるのではないでしょうか

であるとしたら

神様よりはるかに小さな聖書を
ノウハウとして読むなんてことは考えられない

zugspitze-1048995_960_720

そんな意識でいたら 共にいてくださる神様が
がっかりしてしまいます

聖書から学ぶことは勿論たくさんあります

神様のご性質 神様の愛 神様の義
そして神様についていった人たちの心の態度

聖さ 愛 信仰 御霊の実…
学べるものは確かにたくさんあります

ですが

それらを通して求めるべきは
聖書の言葉(ロゴス)ではなく
生ける神の示し(レーマ)なのです

ロゴスとレーマについては
私たちの中に住んで下さる神をぜひご一読ください

Pocket
LINEで送る

生ける神” への1件のフィードバック

現在コメントは受け付けていません。