神にあるアイデンティティを掴む

Pocket
LINEで送る

以前 肉の欲と霊の命という記事でも書きましたが

クリスチャンになったとしても
肉に生きている以上 「肉の思い」が
無くなるわけではありません

無くなりはしませんが
神様 この思いをどうすれば良いのですか
助けてください 取り去ってください!

と 祈れば神様の解決を得られて
気持ちを切り替えることが出来るのですが

神様の方法は 人により様々であるようで
その方法を体験することにより
神様にある自分のアイデンティティが
見えてくることがあります

私に対する神様の解決方法

以前 教会でこんなことがありました

全ての用事が済んで帰ろうと思ったら
りゅうくんが見当たらない

dsc_0037

普段から どこかに移動するときは
どこに行くかをきちんと言うように
お願いをしていたのだけど

流石に何週間も連続して
毎週毎週いなくなることに
かなりストレスを貯めていました

居るとしたら地下または2階なのですが
その日はとても足が痛かったので
気を遣わないりゅうくんに対して
物凄い イライラしてしまいました

cat-13525_960_720

普段なら多少疲れていても
探しに行くのですが この日はどうしても
探しに行く気になれなかった

更にはどうにも怒りが収まらなかったので
廊下の椅子に座って

神様ー!このイライラをどうにかしてください
私はこの件についてどういう心で
どのように向き合えば良いのですかーっ

と 心の中で叫びました

すると 中のキッチンにいた姉妹が
突然 柑橘のフルーツカクテルを
「特別ですよ~♪」とわざわざ
廊下まで持って来てくれたのです

drink-1042610_960_720

私が廊下にいることも知らなかったでしょうに
ものすごーい驚きましたが

神様の解決は 美味しいビタミンCでも食べて
落ち着いて ってことなのね と
思わず笑ってしまいました

あまりにも神様がなされたということが
わかりやすい出来事だったので
この件以来 自分の中で
迷いが吹っ切れたのですが

どうやら神様は 私に対して
美味しいもので喜びを与えたいらしい

ということに気付きました

fruit-bowl-1600023_960_720

動いていなかった歯車

とは言え実は 以前は食べ物に対して
私の意識は全く逆を向いていました

独り暮らしをしていた10年間ぐらいは
誕生日にケーキを食べることすらなかったし

二十歳を過ぎて突然 花粉と果物と野菜に
アレルギーが出てしまったため
クリスチャンになる以前は
フルーツを買うことも殆どありませんでした

それが何故か クリスチャンになってから
果物が食べたいと思うようになり

クリスチャンになったら花粉症が治った
という姉妹の話を聞いて

私もその証を受け取ります!と
宣言したら 本当に花粉症が治って
果物や野菜を食べられるようになりました

ところが 思わぬ盲点だったのが

20年近く疎遠だった食べ物なので
自分で調理をしようとしてみると
全く要領がわからないのです

作る気満々で買ってきたものの
包丁を持ったら あれ?どう切るんだこれ
という世界なのです

神様が介入してくださることなので
最終的には何とかなるのですけど

動いていなかった歯車は
噛み合うだけではダメで

油を注いだり錆を取ったりと
きちんと動くようになるまで
メンテナンスが必要なんだな

と 思いました

掴み切るまでは試練も起きる

また 婚約式の時は神様に示されて
アイシングクッキーを作ったのですが

dsc_0966

この時は 野菜や果物を切る以上に
葛藤がありました

小麦粉や砂糖は 普段避けている食べ物ですし
クッキー作りなんて 多分小学生以来です

練習のために相当量作ったのですけど
失敗した時は人に配るわけにもいかず
頭を抱えたりすることもありました

また 夏場はすぐ油が溶けてしまい
型を抜くのが大変だったので
作るのを暫くさぼっていましたが

先日 預言の練習のクラスで
神様から 練習に効率を求めないで と
釘を刺されてしまいました^^;;;

ええ…確かに 面倒くさいー と
思っているところがあるのです

アイシング作るのもすごい大変だし…

dsc_0918

それに

食事と違って お菓子というのは
あってもなくても良いのだけど
あるとちょっと幸せになれるもの

だと思うのです

ですが 確かに言われてみれば

紅茶とスコーンのある生活であるとか
中国茶を2時間ぐらいかけて飲む時間というのは
私にとって 物凄く大切にしたいもので

そのための器とかも 昔は
とても大事にしていたんだよね

なので これは神様が私に
捨ててほしくないと思っている
アイデンティティで

忙しさを理由に手を抜かないように と
示されているのではないかと思っています

Pocket
LINEで送る

神にあるアイデンティティを掴む” への1件のフィードバック

現在コメントは受け付けていません。