全ての土台となられる方

Pocket
LINEで送る

日本の武道や茶道 芸術の
師弟関係の在り方の一つに
守破離というものがあります

まずは師の教えを守り
次に自分に合う型を求め(師の教えを破り)
師から完全に独立して 自分の新しい型を作る

というものです そのようにして
継承・発展が為されていきます

そしてクリスチャンの教えの中にも

師は弟子に遣えるものとなり
弟子は 師を土台して更なる
霊的な高みへと登っていく

という考え方があります

career-1020061_960_720

土台あってこその自分

イエスさまも弟子たちに対して
あなたたちは私よりも偉大なことをやります
と 仰られています

ですが同時に だからと言って
師より弟子が偉くなるわけではない
ということも仰られています

師は自分の土台です そして
師には更に土台となってくれた師がいて
何代もに渡り繋がっています

考えてみれば当たり前なのですが

もし自分の土台を軽く見たり
土台は自分にとって不要だと
言ったとしても

土台の上に自分が立っていることに
変わりはありませんし

もし本当に土台が砕かれ抜き取られれば
あっという間に崩れ倒れてしまいます

decay-1209997_960_720

足場を失った者

言うなれば その基本的なことを忘れて
「自分はすごい」と勘違いしたのが
堕天使 サタンであるわけです

サタンは神の栄光を賛美する 賛美リーダーでした
ですがその賛美があまりにも素晴らしかったため
次は私が神となる と勘違いしてしまったのです

神様は全てを造られた方であり
サタン自身も神が造られました

聖書に 陶器師と器の例えが出てきますが
どんなに素晴らしい器があったとしても
器は陶器師にはなれるはずもない

potter-64982_960_720

事実 サタンは落とされた今であっても
何も生み出せないから人から奪うしかなく
しかも 神様が禁じたことは決して出来ません

全てを造られた方を超えることは
決して出来ないのです

そして最後は 足場がなく休むことが出来ない
火の窯の中に閉じ込められることが定められている

土台を敬わないものに相応しい末路が
用意されていることが聖書に書かれています

クリスチャンの土台「信仰」

クリスチャンの基礎はどこにあるか
それは勿論 聖書に書かれています

afterlife-1238609_960_720

天地創造からこの世の終わりまでが
聖書には書かれているわけですが

クリスチャンの土台 と限定するなら
「信仰」の継承というものがあると思います

信仰の父と言われたアブラハムから
神様と共に歩いたたくさんの祭司や預言者たち

そして 信仰の完成者と言われたイエスさまがいて
弟子たちによりそれが大きく広がっていきます

では その「信仰」は私たちに
何をもたらしているのでしょうか?

神様の器

聖書には 真の神を求めた人々や
この世の力に苦しめられた人々が
本物の生ける神様により奇跡的に祝福されること

自分たちは受けたのだから
与えるべきものへと与えること

また 神を神とも思わずに
自分が神であるかのように慢心した人々に対し
神様がどのように思い行動され
裁きにまで至ったかを
並行して書かれているわけですが

しかし神様は 裁きは私のものなので
あなたがたは敵を愛しなさい と示されたので
最後の裁きについてはとりなしの祈りのため
書かれているものであると受け取れます

valentine-602744_960_720

なので 私たちが聖書から学ぶべきこと
神様が聖書を通して学んでほしいことは

奇跡的な祝福を受けること
与えるべきものに与えること

そして敵をも含めた全ての被造物に対する
愛の祈り ということになり

これらを通じて私たちは
神様が地へ介入するための器として
成長していくことになります

神様が人に求めるもの

ここで勘違いをしてはいけないのは

神様は 私たちがいてもいなくても
私たちが祈っても祈らなくても
奇跡を起こすことが出来る方である

という点です

lightning-342341_960_720

例えばヨナ書を見ると 神様は
ヨナが望んでもいない奇跡を
ヨナを通して起こされています

では神様はなぜ ヨナを通して
奇跡を起こされたのでしょうか

ヨナ書は短いのでぜひご一読いただきたいのですが

最後の下り

ヨナ書4章10-11
主は言われた、「あなたは労せず、育てず、一夜に生じて、
一夜に滅びたこのとうごまをさえ、惜しんでいる。
ましてわたしは十二万あまりの、右左をわきまえない人々と、
あまたの家畜とのいるこの大きな町ニネベを、惜しまないでいられようか」。

ここから 神様の心をヨナに
学ばせたかったことが読み取れます

神様は 神様が起こしたい奇跡を
私たちを通して起こされる

それは 器である私たちに対して
ご自身の心を知らせたいと
強く思っておられるからである

ということがわかります

神様は 私たちにご自身の創造の御業と
この地に対する愛を知らせたいのです

heart-1192662_960_720

全ての土台となられる方

雨風はどなたが私たちに
もたらしてくださっているでしょうか

太陽や月 星の運行は
どなたがなされているのでしょうか

そもそもで 地を造られ
私たちが糧としている動植物を
造ってくださったのはどなたでしょうか

もし仮に 自分の美しさを誇る人がいたとしても
その肉を与えてくださったのは神様です

富はどうでしょうか

そもそもで地を始めとした
全ての原資を造られたのは神様です

神様であれば 御心一つで
私たちのことも経済の在り方も
物の価値すらも一瞬で如何様にでも
造り変えることが出来るでしょう

milky-way-984050_960_720

神様は全てのものを造られた後に
この地を管理させるため 人を創造しました

神様は人を 良き管理者として
育てたいと願われています

与えられたものを喜ぶことは良いことです
喜び感謝して 神を称えることは
何にも勝る 甘い蜜のようです

常に謙遜に 土台を築いてくれた
先人たちに敬意を払い続けることで
その甘いしたたりは耐えることがありません

この世は神様のみ恵みによって養われています

神様は 私たちにそのことを知らせ
同じ心でこの地に 神様の偉大で豊かな
愛の御業をもたらす祈りをしてほしいのです

mist-481710_960_720

神様は 私たちの賛美の中に住まい
霊と誠とで礼拝する人々を必要としてくださる

そういうお父さんであることに
本当に心から感謝します

Pocket
LINEで送る