聖霊に浸る

Pocket
LINEで送る

今日はCFAN(Christ for All Nations)Japanの
1Dayファイアースクールに参加しました

CFANというのは ラインハルト・ボンケ師主催の
福音伝道組織で 1974年の活動開始より
アフリカを中心に7500万人もの人が彼らにより
イエスさまに導かれています

聖霊の満たしを求めて 多くの人が
彼らの集会に集まってきます

来年5月19,20日の日本集会に先駆け
日本において聖霊のバプテスマを受ける
ファイヤースクールが開催されたのですが

牧師・リーダーが全国各地より
200人も集まる大変素晴らしい集会となりました

bible-1149924_960_720

CFANの歴史と活動の詳細については
CFAN Japanホームページをご覧ください

今日の集会の概要を言うと

「ただのクリスチャン」ではなく
「信仰者」となり 聖霊に浸り続ける
生き方をすることで 神のご計画を地に現す

というお話です

イエスさまは空のバッテリーを私たちにくださった

そのバッテリーをチャージして神の栄光を地に現すか
バッテリーは空のまま 普通の人として生きるかは
人の自由意志により選ぶことが出来る

そのどちらを選ぶか

というお話だったのですが
この集会に参加する人は勿論
神の栄光を地に現したくて
神に飢え乾いている人たちばかりです

大変熱のある 素晴らしい集会になりました

10/27ファイアースクールの様子は
聖会アーカイブにUPしていますので
ご興味ある方は是非ご覧ください

20161027

お昼休みの前と 集会が終わった後に
りゅうくんと 今日のイエスさまについて話をしました

今日のイエスさまは金色に輝いていて
火のバプテスマを受ける時間には
柄杓で炎を撒いていたそうです

賛美の時に踊られていたのは
いつも通りだったようですが

赤や白ではなく 金色だったのは
はじめてだったようです

神様の栄光が金色に見えた時はあったので
金は栄光の色なのでしょうか

日本に イエスさまのお名前で
栄光が現れる時が来た

そんな気がしますね

jesus-644624_960_720

聖霊の炎を受ける時間は
熱いのかな?と思っていましたが

私の場合はとても優しく温かいものに
じんわりと包まれるような感じでした

全身の血液が浄化され
癒されたような気がしました

集会が終わった後に 本日の講師である
CFANアジア代表のジョエル・ウォング牧師に
お祈りをして頂いたのですが

私もりゅうくんも 今一番欲しかった
祈りの答えを頂くことが出来て
喜んで帰ってくることが出来ました

今日掴んだことは決して手放すことなく
イエスさまにしっかりついていきたいと思います♪

Pocket
LINEで送る

聖霊に浸る” への2件のフィードバック

現在コメントは受け付けていません。