神への愛

Pocket
LINEで送る

神様との関係が上手くいっていない人や
教会の中で浮いてしまう人

聖霊による一致が出来ない人の
共通点に気が付きました

それは 愛を第一にする人です

え?クリスチャンにとって
愛が一番大事なのではないの?と
思うかもしれませんが 違うのです

イエスさまが一番重要だと仰ったのは
「神様を」愛すること なのです

そして人を愛することは二番であり
自己愛については全く語られていません

神への愛 それは愛という単語よりも
忠実さ という言葉で表現した方が
適しているのです

自分を一番にする人はこう言います

神様は私のことを愛しているのでしょう?
だったら私の思いを尊重してくれるはず!

heart-1723927_960_720

でも それはちょっと違うんですよね

そうではなく

神様 この状況に私はもう耐えられません!
助けてください!と祈ったときに
神様は助けてくださいます

もし助ける人がいなければ
あなたが助ける人となりなさいと
任命されてしまいますけども…

ですが

神様は私を愛しているのだから
私の思い通りにならないのはおかしい

という論調は 大変的外れなのです

聖書には このように書いてあります

マルコの福音書12章29-31節
イエスは答えられた。「一番たいせつなのはこれです。
『イスラエルよ。聞け。われらの神である主は、唯一の主である。
心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、
あなたの神である主を愛せよ。』

次にはこれです。『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』
この二つより大事な命令は、ほかにありません。」

sand-1278847_960_720

一番は神様を愛すること
二番は人を愛することです

自分の思いを尊重することを良しとする言葉は
聖書のどこを読んでも出て来ることはありません

むしろ 自分の思いを差し置いて
神様の思いを第一にする生き方を
イエスさまは貫かれました

そして その生き方こそが
神様に愛される理由であるとも述べています

ヨハネの福音書10章17節
わたしが自分のいのちを再び得るために
自分のいのちを捨てるからこそ、
父はわたしを愛してくださいます

また いのちを捨てるという例えは
弟子の心構えとしても仰られています

ルカの福音書14章26節
わたしのもとに来て、自分の父、母、妻、子、兄弟、姉妹、
そのうえ自分のいのちまでも憎まない者は、
わたしの弟子になることができません。

自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、
わたしの弟子になることはできません。

神様は 自己中心的な思いを捨てて
自分の十字架=神の召しに忠実である者を
祝福される方なのです

crucifix-1684050_960_720

神様の愛を知り そして従順を学ぶ過程は
雅歌からも見ることが出来ます

雅歌1章6-8節
私をご覧にならないでください。私は日に焼けて、黒いのです。
私の母の子らが私に向かっていきりたち、
私をぶどう畑の見張りに立てたのです。
しかし、私は自分のぶどう畑は見張りませんでした。

私の愛している人。どうか教えてください。
どこで羊を飼い、昼の間は、どこでそれを休ませるのですか。
あなたの仲間の群れのかたわらで、私はなぜ、
顔おおいをつけた女のようにしていなければならないのでしょう。

女のなかで最も美しい人よ。あなたがこれを知らないのなら、
羊の群れの足跡について行き、羊飼いの住まいのかたわらで、
あなたの子やぎを飼いなさい。

まだ1章の6節目です
神様と出逢い 神様の愛を知った直後のことです

突然 周りの人たちが自分に仕事を指示してきた
しかも 自分の畑はそっちのけにさせられた

なぜこんな目に遭わなければならないの
と訴えると

その傍らで子やぎを飼いなさい

と窘められるのです

petting-zoo-1411440_960_720

神様は 確かに愛です
従順に出来ない人のことも愛しておられます

しかし愛しているからこそ育てようとされます

その時に 放蕩息子のように
出ていくのは本人の勝手ですが

しかし神様はとても悲しまれて
帰ってくるのを夜な夜な待ち続けるのです

甘やかして 何も出来ない人間にすることや
本人の意思を尊重して不幸になる道へ行かせることは
決して愛ではないのです

ですから 人が間違えた思いを抱く時
神様はその思いを決して尊重されません

教え育てて 間違えを正すことも愛なのです

イザヤ書55章8-9節
わたしの思いは、あなたがたの思いと異なり、
わたしの道は、あなたがたの道と異なるからだ。――主の御告げ。――

天が地よりも高いように、わたしの道は、
あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、
あなたがたの思いよりも高い。

最高のものを用意されて
それを受け取ってくれることを
神様はいつもお待ちなのです

gift-402199_960_720

そして

それを受け取らずに苦しむ人については
放蕩息子の父親のように悲しんでおられる

「神様を一番に愛する」と考えた時

悲しむことをすることは 愛じゃないですよね

神様から愛されていることを感じれない

神様を愛することを拒否すれば
神様がどんなに愛を注いでも
感じることが出来るはずがありません

まずは 神様の愛を受け取ること
愛を感じる最初は そこなのです

書いてみると当たり前のようなのですけど

愛を感じたい でも愛を受け取りたくない
という葛藤にいるということを知るだけでも
かなり違うと思います

その上で

どうしたいのかを求めてみてください

神様の御心に叶うものなら
求めたものは必ず与えられます

Pocket
LINEで送る