人の重荷

Pocket
LINEで送る

イエスさまは ユダヤ人に対して重荷がありました

重荷というのは その人たちのために
何かをしたい 何かをしなければという
使命感のようなものを言いますが

イエスさまの場合はきっと
明確に「あなたの範囲はここ」と
神様が示されているのをご存知だったのでしょう

異邦人であるカナン人が
イエスさまに助けを求めた時

一見 冷たいとも取れる対応をしています

マタイの福音書15章22~28節
長いので要約しますが

カナン人の女は イエスさま
に娘が悪霊に憑かれているので
助けてほしいと叫びながら
一行について歩いてきました

弟子たちが イエスさまに
あの女を帰してやってくださいと願いますが

「わたしは、イスラエルの家の滅びた羊
以外のところには遣わされていません。」

と答えられました

また イエスさまの前でひれ伏すカナン人の女に

「子どもたちのパンを取り上げて、
小犬に投げてやるのは良くないことです。」

とも言われています

puppy-1675170_960_720

ご自身がなされることには範囲があり
それ以上のことをするのは良くない

と 仰るのです

と言っても この後カナン人の女の
謙遜な信仰に感動したイエスさまは
カナン人の女の娘を祝福し
悪霊は追い出されました

当時 カナン人はイスラエル人から
「犬」と呼ばれ蔑まれていたそうです

しかしイエスさまは「小犬」と仰った
そこに神様の慈愛が含まれている

それを感じ取ったカナン人の女は

「主よ。そのとおりです。ただ、小犬でも
主人の食卓から落ちるパンくずはいただきます」

と 自分自身を低くして 尚懇願しました

それでイエスさまは その態度と信仰を褒めて
願った通りになります と祝福されました

このお話で ひとつはカナン人の女から
信仰の態度を学ぶことが出来ます

ですがもう一つ

イエスさまが示された
「重荷を背負う範囲」というのは
とても重要な概念です

luggage-1650174_960_720

自分自身が背負う分以外に
目を向けてしまえば

本来背負わなければいけない重荷に
向かう時間がなくなってしまいます

すると 自分が為すべきことが出来なくなる

もし 自分に助けるべき人が
定められているとしたら

余計なことに取られている限り
その人は助からないわけです

イエスさまは聖書の中で

自分の十字架を背負って
わたしについて来なさい

と 仰っています

人の重荷を背負うということは
神様から与えられた仕事を
サボって人のお節介をしている

ということになります

自分自身の重荷は何なのか
自分が神様から示された
今日やるべきことは何なのか

その範囲を超えずにいても
その日の労苦は十分あると
イエスさまは仰います

イエスさまを受け入れて 突然
背負っていたものが軽くなりすぎて

こんなに楽でいいのかと
もし不安になることがあるとしたら

この聖句を思い出してください

マタイの福音書11章28~30節
すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、
わたしのところに来なさい。
わたしがあなたがたを休ませてあげます。

わたしは心優しく、へりくだっているから、
あなたがたもわたしのくびきを負って、
わたしから学びなさい。
そうすればたましいに安らぎが来ます。

わたしのくびきは負いやすく、
わたしの荷は軽いからです。

Pocket
LINEで送る