神様の本質

Pocket
LINEで送る

今学んでいることがすごいなぁと思うのは

多分この講師はクリスチャンじゃないのだけど
教会で学ぶことと同じことを教えていること

と いうより

以前も何人かの本を読んでいたら

自分が理想とする生き方をしている
人のところにインタビューしに
行きまくった結果 共通点として
こういうことがわかった!

みたいなことを言っている人って
例に漏れず 聖書で学ぶことを
言っているんだよね

この講師も同じことを言っているので
本質は一緒 要するに

この世界を造られた神様の
ご性質こそがこの世界の真理

と いうこと

聖書を学んでから
これらを学ぶことは
とても有意義でした

不足分は聖書で補えるし
ここにある神様のみこころや
ご計画についても理解できたから

というのは

以前だったら それはわかるけど
でもこの部分はちょっとなぁ

と 思うところがあったのです

例えば イザヤ書の有名な聖句

イザヤ書43章4節a
わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。

これは いいのです
問題はその続き

イザヤ書43章4節b
だからわたしは人をあなたの代わりにし、国民をあなたのいのちの代わりにするのだ。

これを読んで 私は
誰かの犠牲があるなら
そんな恵みはいりません~

と 神様にかなーり
抵抗していたのです

どうして抵抗するかと言えば

勿論 心当たり…誰かが私の
犠牲になることを感じたことがあり
それがものすごーい苦い思い出に
なっているからです

確かにその人が「悪い」のです
悪いことをしたのはその人です

でも 悪いからってその人を犠牲にして
自分が恵みを受けるというのは~

と 思っていた

でも それだからこそ なのでしょうけど
あなたの恵みは分取り物である

と 去年~今年にかけての
カウントダウン礼拝の時に
神様は示されたのです

分取り物 というのは

例えばモーセの時代に
エジプトの奴隷となっていた
イスラエル人が エジプトを出るとき

出エジプト記12章35-36節
イスラエル人はモーセのことばどおりに行ない、エジプトから銀の飾り、金の飾り、それに着物を求めた。
主はエジプトがこの民に好意を持つようにされたので、エジプトは彼らの願いを聞き入れた。こうして、彼らはエジプトからはぎ取った。

普通に考えて 今まで奴隷としていた
人たちが 仕事を捨てて出ていくのに
贈り物をして送り出すことはない

と 思うのですけど 神様はそうされた

他にも 敵を打ったときの
分取り物とか色々ありますけど

とにかく 私はこれが嫌だったのです

どう嫌だったかというのは
詳細には書きませんけど

平たく言うなら

自分が理想としない人から
何かを受けとるのは
どんなものであっても嫌

という潔癖なところがあるのです

でも 神様は ご自身の全てを
私に体験させようとしている

具体的に言えば 受け入れざるを
得ない状況に追い込まれるわけです

恐らく それを喜べるときまで

実は今 まだ自分の中で
これらの分取り物はいつか
稼げたら返却しようと思っています

この思いを捨てない限り
経済の回復がないんじゃないかと
心のどこかで思いつつも

しかし神様 私はこれ本当に嫌です
本当に返したいんですお願いします

と 祈ってました

最近は妥協をして

神様からの恵みとして受け取るから
その人にお返しが出来るように

に変えつつありますが

とにかく 私はクリスチャンになってから
ずーっと この面で神様と格闘をしている

私は 私と神様との関係を
誰よりもよくわかっています

なのに あれをしないからだ
これをしないからだと
あれこれ 的はずれな横やりを
入れる人がいて大変不愉快なのですが

本当のことを言うなら

お返しをするよりも
もっと素晴らしいこと

が 多分あるのです

どちらかというと
それを求めないといけないのです

それというのは

自分が違う場所に行かなければならない
と いうことなんですよねぇ

最終的に言うと 私は
それが嫌だったわけです

その理由も神様は全てご存知で
私の癒しというのは
嫌である理由の癒しだった

幼い頃から それこそ
5歳にも満たないうちから
周囲の大人たちに
大人としての立ち回りを求められ

なんで私は子どもなのに
全部押し付けるの!
なんで守ってくれないの!
なんで子どもらしく
生きさせてくれないの!

それが 私の怒りの根っこであり

それは なんとなくわかっていたけど
もう実際に大人になっちゃったし

むしろ巻き取ることを本気で
考える方がいいのかなぁ という
間違えた方向に行ってしまうわけです

間違えた方向だと言い切れる理由は
私には私に与えられた領域が
きちんと別にあることを
はっきり神様から示されているからですが

とにかくその 不当に抱え持たされたものを
返すべき場所にきちんと押し戻す

それが 神様が私に用意された
シナリオだったわけです

受け入れて やってあげる方が
ぶっちゃけ早いし楽なのだけど

しかし神様は がんばれ!押し返せ!と
後押しされました

えー

と 思ったけど

それは 怒ることも自分の命を生きることも
諦めてしまっていた私が

その古い生き方から断ち切るために
必要なことだったのでしょう

けど

怒りを原動力にするのは嫌ですー
喜びを原動力に生きたいのですー

と いうのが私の願いでした 涙

ともあれ

古いことは終わったので
神様のみこころの通りに
意識を変えて頂けますように

素直に喜べることが
たくさん降り注ぎますように

 

Pocket
LINEで送る

神様の本質” への1件のフィードバック

現在コメントは受け付けていません。