聖霊さまの促し

Pocket
LINEで送る

今日は 今までに願ったことがない種類の
お祈りが突然 口をついて出てきました

胸の辺りから湧き出るような
思いだったので 聖霊さまかなー
と 思いますが

思い返してみると

神様がすぐに叶えてくださること
というのは ふと思った疑問とか
ふと心に浮かんだことばかり

それも 別に願うというほどでもなく
本当に 自然と出てきた思いばかり

今まで 人に散々言われてきている
状況を考えて必要だと思うものや
常識的に考えてこうじゃないとだろ

みたいな祈りは ものの見事に
一切聞いてくださいません

また そんなものは自分にとっても
どうでもいいことだと気付きます

このことにより

神様が与えたい命というものが
どういうものかがわかり

神様が私を何から自由にして
どんな基準に生かそうとして
くださっているのかがわかり

そして 神様が背負ってくださる
負債というのがどういうものかも
わかってきた

神様が 罪と仰られることは
法律を破り悪いことをした
と いうことだけではありません

神様は 私たち一人ひとりを
神様のイメージの通りに造られた

肉体を造り 賜物を備え
神様の愛の一部を与えてくださり

このように成長させ
このように用いよう と
神様はイメージされている

にも拘らず
それと全く違う思惑

神様から引き離そうとする力に
自分の基準を置いてしまえば
そのこと自体が罪であり

その結果は死へと向かう

賜物は 間違えた使い方をすることになり
肉体からは健康が奪われ
愛は傷付けられる

この世に生きていれば
土地自体が呪われているのだから
神様の守り…教えてなくしては
安全に生きることは難しい

神様のことを知らず
神を自称するものの正体も知らず
正しいことが何かもわからない

それでも 神様に助けを叫んだものを
神様は決して見捨てない

そして

知らなかった故に犯してしまった罪
神様の導きと違う教えにより
傷付き 歪めてしまった全ての負債を

神様は あがない
全てを元にもどしてくださる

負債というのは 罪の結果の全て

それを 神様は
全て良いものにしてくださる

本当に 感謝します

神様のみこころ ご計画の通りに
全てのものがいのちに満たされますように

Pocket
LINEで送る