解釈を加えない

Pocket
LINEで送る

神様は それぞれに賜物を与えていて
見えるビジョンも人により角度が違う

私が 神様の肩の上に乗せられて
いつも一緒にいるビジョンを

りゅうくんは 神様の耳飾り
というビジョンで受け止めた

主観的か客観的か という
話でもありますが

…念のため再度書きますと

神様は預言者さんを通して
私を美しくすると言ってくださったけど
美しくしてどうするのかな?と

りゅうくんに聞いてもらったら
耳飾りにしてくださっていたそうな

私の主観では 肩の上に座ってる
だから位置的には大体あってる

でも見ている世界観は全く違うわけです

りゅうくんが見た耳飾りというビジョンは
預言的なビジョンです

神様が どうご覧になっているかという
フィルタがかかっていて

ここには 解き明かしが必要になります
(必要…というか 神様に尋ねれば
それ相応に意味を教えてくださる)

ですがりゅうくんは最初

耳飾りって 神様の顔を見るときに
目に入る位置だけど 意味あるのかな?

と 「解釈」をしようとしたので

そういうのは自分で解釈せずに
神様に聞きなさいーと言いました

そもそも目の前に本人(神)がいるのに
なぜ解釈しちゃうのか…

もし自分がそうされたら
何で無視するかな
いつになったらこっち見てくれるかなって
待つしかなくなるでしょう?

解き明かし というのは
神様から答えを頂くことであり
人が想像や解釈で言うことじゃない

しかし 聖書を見ても 弟子たちがよく
イエスさまの言うことについて
互いに論じあっては イエスさまに
何を論じあっているのですか と
ばっさり切られるシーンが出てきます

なので 人というのは
そういうものなんでしょうけど

しかし福音書の使徒や弟子たちは
聖霊を受ける前だったので

折角聖霊を頂いたのだから
もっと親しく交わりたいものです

とは言え

そっかー 耳飾りかー( ・∇・)

んじゃ神様は私がこしょこしょ
言ってることもぜーんぶ聞かれるから
そんな細かいところまでーって
小さな願いも叶えてくださるのねー

それに 神様の耳の近くにいるなら
言葉にも気を付けなくちゃね♪

という感じで

それ以上深く突っ込みもしない私と
自分の考えながらも深みを求めるりゅうくん

どちらがみこころなのかと
比較することも出来ない

どちらも神様のイメージ通りに
造られ 補いあうべく
ひとつにされたのでしょうね

ちなみに 耳飾りである意味について

「自分が発した言葉を最初に聞くのは
(相手の耳元で囁かない限りは)自分の耳」

といったニュアンスのことを
示されたそうです

そして 神様が何かを言うと
耳飾り(私)が光ったらしい

一番近くで 素早く反応する子
と いう感じなんですかねー

神様 何か言って言って!
お話しして 何言いたいか教えて~♪

と いう感じで神様に
気持ちを向けているのは
確かかもしれません

加えて 私の発する言葉については
私が聞くよりも神様の方が
先に聞く ということになります

その上で 我慢したり躊躇したりせずに
きちんと言いなさい がんばれー

と 言われていると思うと
なんか複雑な気分ですが…

それについては 神学校が始まるときに
頂いた預言

あなたの人に対して実感する
思いやりやあわれみの心を 神様は
癒しや奇跡という喜びをもって
現したいと願っておられる

というのがそのまんま
形になっている…というか

思いやりやあわれみの心を
伝えても伝えても誰もわかってくれず

いい加減にしろー!と叫ぶと
奇跡が起こるということからも
よーくわかります…

なんか 複雑ですけどもっ

ともあれ

りゅうくんの解釈は
間違えていましたけど

それをきっかけに より深い
解き明かしが頂けて

そのことで 私は 神様から見た
私というアイデンティティを
より強く持つことが出来て恵まれました

最近 私は神様から
りゅうくんのサポート とりなし手
としての意識をもっと持つように

そのことにだけ意識を払うように
示されているのですけど

私とりゅうくんは 賜物が違うけど
ひとつになることで機能するもの

なんでしょうね

りゅうくんをつつき
脱線しないように道を整え
りゅうくんだけが受け取れる恵みを
受けるようにサポートする

それが私のお仕事ですって( ・∇・)♪

神様はりゅうくんを通して
たくさんの恵みを周りに流したいと
思われているのだろうなぁと思います

Pocket
LINEで送る