神を第一にすることの大切さ

Pocket
LINEで送る

そもそもクリスチャンって何だろう?

(若干 他の神々って何だろう?)

というお話です

今日の夜は8月末~9月生まれの人で
集まってぷちお誕生会をしてきたのですが

その時に ひょんなことから
イエスさまを信じはしたけど
イエスさまのようになるのは嫌だ
と主張する人はいるねー

という話が出た

そもそもクリスチャンというのは
キリストに似た者という意味で

栄光から栄光へと作り替えられる
と 聖書には書いてあり

みんな その過程であるわけだけど

本人の意思として そうなりたくない
と 主張している人 というのも
多かれ少なかれ存在することは確かです

が その話をしていた時
りゅうくんが押し黙っていて

神様のビジョンを見ているとき
この人はいつも押し黙るので
また何か見たんだろうなー

と 思っていたら案の定

帰り道で あの話をしていたとき
神様が笑顔で涙を流していた

愛を注いでいるのに拒絶されることに
笑顔で悲しみの涙を流されていた

と 憤っておりました

裁いちゃいけないけど
文句を言いたいー と言うので

その気持ちを人を裁くことに向けず
神様にぶつけたら?と言いました

神様 なんでそんなこという人が
いるんですかー

僕もたまに抵抗しちゃうし
まだまだだけど でもなんでですかー

と 投げ掛けていたら

りゅうくんに対してではなく
私の方に神様が答えをくださった

それは 最近の神様からの
語りかけに通じるものだった

それは 人に自由意思を与えているからだよ

自分の意思で わたしを愛して欲しいし
その愛にわたしも応える

御国においては わたしのことを
より愛してくれる人を
より近くに置くつもりだよ

そう語られてから
このみことばが示されました

ヨハネの福音書12章25節
自分のいのちを愛する者はそれを失い、この世でそのいのちを憎む者はそれを保って永遠のいのちに至るのです。

マタイの福音書10章28節
からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません。そんなものより、たましいもからだも、ともにゲヘナで滅ぼすことのできる方を恐れなさい。

この話をしたとき りゅうくんは
神様が踊って喜んでいるビジョンを
見たそうです

話終えた時

キリスト者になりたくない
と 言う人は 要するに

神様のことは好きだけど
それ以上に自分を愛している

ってことだよなぁ
と 思いました

マタイの福音書22章37-39節
そこで、イエスは彼に言われた。「『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』
これがたいせつな第一の戒めです。
『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』という第二の戒めも、それと同じようにたいせつです。

イエスさまはこのように教えられましたが
(そしてこれは旧約聖書にあるわけですが)

自分の中心に イエスさま・神様を置かずに
自分(我)を置いている ということです

しかし 神様は全ての人を
同じように造られたわけではない

黙示録において

いずれ滅びるものを愛する人々が
神の権威を受けて滅びをもたらす者を
憎む様子が描かれています

しかし この世の全てのものは
私たちの肉体ですらも
神様の作品であり 神様からお借りし
預っているだけのものに過ぎない

私には神はいらない
一人で生きていける

と いう者から 空気や肉体にはじまる
全ての物質が取り上げられないのは

ただひたすらに神様の寛大さのゆえで

しかしそれは 裁きの日まで という
期間限定のものである と
聖書には書かれている

聖書の祝福の部分は信じるけど
裁きの日のことは信じない

と いうのは 信仰ではなく
ただのご利益主義でしかなく

そういう人について話すとき
神様は 笑顔で悲しみの涙を流される

お小遣いをくれるお爺ちゃんは好きだけど
悪い友達と遊んじゃいけませんとかいう
お爺ちゃんは嫌いだから
お小遣いは貰うけど 話は聞かないからね!

みたいな感じかなぁと思います…

しかしその「悪い友達」は

表面では友達面をしていても
本気でその人を殺すつもりなんですけどね

だから 神様は涙を流されるわけで

真理に目が開かれ救われますように と

とりなしの祈りをするのが
神様のみこころだと思います…

アーメン

コリント人への手紙第二6章16-18節
神の宮と偶像とに、何の一致があるでしょう。私たちは生ける神の宮なのです。神はこう言われました。「わたしは彼らの間に住み、また歩む。わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる。
それゆえ、彼らの中から出て行き、彼らと分離せよ、と主は言われる。汚れたものに触れないようにせよ。そうすれば、わたしはあなたがたを受け入れ、
わたしはあなたがたの父となり、あなたがたはわたしの息子、娘となる、と全能の主が言われる。」

Pocket
LINEで送る