神様から見た「金の卵」

Pocket
LINEで送る

例え神様による素晴らしい解放があっても

教えがなければ
古い考えに戻っていってしまう

教えがあっても 神様による
素晴らしい解放がなければ
ただの苦行で宗教でしかない

というお話です

昨日の神学校のお話

聖霊が下ってきて 多くの人に触れられ
多くの人が一時期に神様に立ち返る現象を

リバイバル

と 言うのですが

リバイバルというのは
キリスト教の教えが根付いていながら
表面的な教えだけが継承されて

きちんと礼拝に行く人が少なかったりと
神様への情熱が薄くなっている土地に

神様を切に求める飢え乾きと
悔い改めの祈りが起こって

そこに聖霊の火が注がれる

と いったものを指すべきで

キリスト教の教えがないところに
聖霊の火が注がれたとしても

神に立ち返った人を弟子にして
きちんと教え導く教会が起きていないと

折角 神様に立ち返った人たちが
こぼれ落ちていく という話がありました

聖書にもありますね

折角 エジプトから救われたのに
イスラエルの人たちは 主なる神を

「数々の神の中にいる奴隷解放の神」
と位置付けて 他の神を拝んだ

律法の最初の最初に

あなたには わたしのほかに
ほかの神々があってはならない

と 神様が言われたにも関わらず
教えを伝える人がいなかった為です

また 偶像崇拝の土地に入るときに
神様は 彼らの習慣を真似てはいけない
他の神に遣えてはいけないと
警告しましたが 人々は
簡単に偶像を崇んでしまった

聖書を伝承するイスラエル人ですら
そうなのですから

元々 偶像や占いが日常にある人たちは
折角神様に出逢っても そこから
引き離す力に流されてしまいやすい

だから 教えることは大切なわけです

奇跡を追い掛けるだけだと

あそこの教会でこんな奇跡が起きた!
こっちの教会ではこんな奇跡が!

と 追い掛けることになり

それは神様を求める心ではなく
現象を求める心に過ぎないわけです

でも 神様を求めて得た人は
その場限りの現象などではなく

永遠の命に至るまでの
全ての必要と満たしを得る

金の卵を産む鶏 という
例え話がありますけど

金の卵を貰い歩く人に
なる必要はないんだよ

あなた自身を金の卵を産む
鶏にしてあげよう

と 神様は仰っている

本当の解決は

聖霊の住まう宮となり
神様と共に歩くこと

そもそもで 人は神様と一緒に
歩くために造られた

神様を持つ人の内には
いのちの泉が溢れ乾くことがなく

求める人はそれを得ることが出来る

その「良い知らせ」を伝えることが
私たちのお仕事です

聖書には 知らせなさいと書いてあるけど
受け入れさせなさいとか
勧誘しなさいとは書いてない

受け入れない人たちには
確かに伝えたからねと言って
そこを離れるようにと書いてある

しかしとにかく

伝えること

それは 大切なお仕事なのですよね

[amazonjs asin=”4872072731″ locale=”JP” title=”グッバイ軟弱なキリスト教”]

Pocket
LINEで送る