世を愛される神

Pocket
LINEで送る

神様はこの世界の全てを創造された
それは人間も例外ではありません

神様は そもそもで人を祝福して
一緒に地を取り戻すつもりで
人をご自身に似せて作られた

一緒に過ごすつもりで人を造られた

…神様が人を取り返されるのは
人のためではなく 神様ご自身のため

神様のみこころ なのです

今日のQTで頂いた神様の啓示

わたしは人を
共に地を取り戻すために造り
祝福したが そこに罪が入ってしまった

しかし人はわたしが造ったもので
わたしのものだから
罪の代価を支払い買い戻した

(罪が入ってしまったから
買い戻す必要が生じたが)

買い戻す理由に
人に罪があることは関係ない

…と いうものでした

関係がない 何故ならわたしが
悔い改めさせるから

と 続くと思いますが

何故 神様自らが肉を持ち
歴史上一番残酷だとして
廃止された十字架刑で死なれたのか

何のためにそこまでして
罪に堕ちた人を取り戻されるのか

それは人と共に 地を取り戻すため

人は 神様にとって

共に歩くために自らの手で造り
息を吹きいれた愛すべきもの

罪の問題は神様自らが背負われた
それほどに愛されている
ということをもっと受け入れなさい

と いう感じでしたねぇ…

罪から解放され 自由になった時に
もう罪に堕ちたりしませんーと
神様の方だけを見てくれるようになること

それが 天のお父さんの
切なる願いですが

でも イエスさまを生け贄にしてまで
私たちのことを救ってくださった理由は

ただ 愛の故であり

ノアやアブラハム モーセといった
神様が友と呼んだ人たちとの
約束の故 なんですよね

ヨハネの福音書3章16節
神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

Pocket
LINEで送る