イエスさまの血潮の守り

Pocket
LINEで送る

今日のお話は書くのが難し過ぎて
書いては消して を繰り返していたのですが

シンプルにすることにしました

今日の礼拝で聞いた
ある巡回牧師さんの証です

(巡回牧師とは 様々な教会を転々として
メッセージをされる牧師さんです)

自宅から距離が離れた教会で
メッセージをしようとしていたら

敵が夢の中に現れて

今すぐこの活動をやめろ
さもないと病原菌を持ったきつねを
お前の自宅の家族の元へ送りつける

と 言われて 冷や汗をかいて目覚め
不安に襲われたそうですが

しかしすぐに

イエスさまの血潮で私も家族も
完全に守られている!と宣言をしたら
すぐに平安が戻ってきたそうですが

後で家族に電話をすると
畑などもある家の敷地の外側に
5匹の狐の死体があったそうで

神様が本当に守ってくださったと
感謝をしたそうです

この話を聞いたとき

なんで敵は こんな詳細に
わざわざ宣言をして攻撃してきたんだろ

と 思いました

だって 祈るチャンスを与えているだけ
だとしか思えない

ということは

もしかしたら神様が

この牧師の家族に攻撃を加える前に
きちんと手口を宣言しなければいけない

と 悪魔に条件をつけたのかもしれませんね

守られている というのは
こういうことだと思う

敵は 神様に守られている人に対して
自由に手出しをすることが出来ません

そのことは ヨブ記に記されています

だから 敵は神様の守りから
人を引きずり出すために
あの手この手を使う のだけど

神様の守りの中にいる限りは
全てが神様の手の内にある

自分が 神様に課せられた責任を
果たそうとしているなら

その中で起きる悪いことについては
神様に責任を帰すれば全て
素晴らしいものに変えてくださる

私たちにある責任は
ただひとつだけです

それは

「神様の基準による」正しいことを
するように努めること です

神様の基準を知るためには
聖書を知ることが基本ですけど

自分の基準を持っている状態で
聖書を読んでも読み違えたりします

だから

神様の基準を求めること
自分の基準を捨てること

神様のみこころを知ることです

それは 律法を守るという
基本的なところから始まり

安息日は休まなければいけない
という律法を守ることよりも
安息日だろうと癒しをなさることを
イエスさまは良いことだと示されたように

イレギュラーの裏にある
神様のみこころ 神様の愛を
知る必要があるわけです

私たちの学びが終わらない理由は
神様のみこころがあまりに広いために
一生かかったって学びきれないからであり

神様の愛があまりに大きく
一生かかったって体験しきれないからで

天の御国では みんなが日々
神様の新しい素晴らしさを発見しては
みんなで神様を賛美しているそうです

神様の栄光の光の中で生きるとは
そういう生き方なのです

神様すごーい
ありがとう\(^o^)/

と 毎日言える人生

それが天の御国だということです

御国を来たらせたまえ
御心が天にある如く
地にもなさしめたまえ

アーメン

ハレルヤ

Pocket
LINEで送る

イエスさまの血潮の守り” への1件のフィードバック

現在コメントは受け付けていません。