夫婦の役割

Pocket
LINEで送る

悪いものを手放すと良いものが来る

神様は賛美に住まわれる

賛美の雰囲気を保とうとすると
良いものに留まることになる

というお話です

昨日 あるタイミングで一時だけ
ものすごい体調が悪くなり

ツキノモノが原因かと思いきや
(勿論それもあったのだろうけど)

そのタイミングでりゅうくんが
神様のみこころに合わないことについて
会話をしていたことがわかった…

それかー!!!

周りの人からは「スパルタ」と
言われているのだけど

りゅうくんが神様から目を逸らすと
その瞬間に物凄い気分が悪くなるので

即座に りゅうくん今変なこと考えたでしょ!
というツッコミ(しかも不機嫌)になるのです…

スパルタとかいう問題以前に
私にとっては死活問題なのです

尚且つそれは 私から離れてても有効なので

私にしてみたら こんなのフェアじゃない!
なんで本人にじゃなくて私にダメージくるの!

なんですけど

でも夫を妻の上に置いたのは神様です

だから神様がなんとかしてーと祈れば
それはそれで即座に聴かれるのですけど

でも わかったのです

りゅうくんにとっては 自分にダメージはなく
私にダメージが来る方が余程ショックなので
本気で悔い改めることになるし

自分が神様の方をきちんと向くことで
私が喜んでいることは
りゅうくんの自信になるのです

そのように神様は 男と女を
造られたんだなぁと
しみじみ思うしかないという…

言い方を変えるなら

その思考は神様からずれてるよ~
というのを教える役目が私にある

とも言えるわけですけど

(それに 私が神様からずれれば
りゅうくんが教えてくれるしね)

ともあれ

悔い改めがあることは
とても素晴らしいことです

何故なら神様の栄光は
悔い改めの後に来るから

ちなみに悔い改めというのは 別に
自分を悪者にすることではありません

人には自由意思があるので
益にならないことに留まるのも
自由ではあります

悔い改めとは

無益なものから背を向けて
神様の方だけを見ます という

方向転換です

それをした時に 神様は
無益なものを全部引き受けて
取り去ってくださり

代わりに良いもので満たしてくださいます

神様は良いもので満たしたいと
思ってくださっているけど

人が無益なものを掴んでいたら
良いものは入れない

でも人には自由意思があるので
自ら手放します と言う必要がある

そこに 神様の栄光が現れるのです

そんなこともあり 昨日は
りゅうくんがクリスチャンになって
初めて 一緒に異言で一時間以上祈れて
家の中の雰囲気が変わりました

その中で 昨日の絵日記を描いたのですが

預言アートのクラスで
絵を描くとき 音楽が大事と言われたので
先日の聖会や 礼拝の賛美歌を
流していたのです

とても雰囲気が良かったので
描き終わり 祈り終わったあとも
そのままかけたままにしておいた

そして寝る直前になって

りゅうくんが何かを話しはじめた

のだけど

聴こうと思ってもなんだな
言ってることが頭に入ってこない

あれ?と思ったのだけど

賛美に耳を傾けたらすぐ理由がわかった

賛美とチューニングがずれている

折角 神の国の雰囲気になってるのだから
地に引き戻さないでー

と言ったら 即座に悔い改めてましたが

話を聞いてあげるよりこっちのが絶対良い!

という確信が昨日はありました

…自信を持ちなさい って
こういうことなんだろうなぁ

と 思いましたが

ともあれ

賛美とずれてる

の一言で済むのは簡単で良い( ・∇・)

あの手この手で もの作りを通して
神様を賛美することがあなたの役目

と この1年ずっと示され続けて
本人に自覚が出て来たこともありますが

やっぱり賛美は素晴らしいですねー♪

神様は 賛美の中に住んでおられ
私たちが賛美をするとき
神様の御座に触れることが出来ます

その雰囲気を保ち続け
その雰囲気を溢れさせ続け
そして いつも喜んでいること

自分の生活
自分の仕事
自分の全てに その雰囲気を溢れさせること

それが神様の栄光を現す鍵

それは 人の力だけでは難しいですが
神様と一緒になら出来ること

でも 選ぶのは人なのです

神様は 神様の良いもので人を満たしたい

人が思う 常識的な範囲での
素晴らしいことではなく

その素晴らしい非常識を
与えたいと思ってくださっている

それが欲しいと思う時は もう
神様と一緒に居たいと願っている

求めれば 与えられる

それは 決して嘘をつけない
誠実で愛なる神様からの

永遠の約束です

アーメン

[amazonjs asin=”4872072626″ locale=”JP” title=”神の臨在をもてなす”]

Pocket
LINEで送る