神様を体験し続けるということ

Pocket
LINEで送る

神様は目に見えません

なので どんなに素晴らしい奇跡を体験しても
どんなに愛を感じる瞬間があったとしても

何も考えずに生活をしていると
日常的に起きる目の前の事柄に
どうしても引きずられてしまいます

日夜神様と共にいるためには
学びと体験の両方が必要です

明日と明後日は 今アメリカで
リバイバルの只中にある牧師さんが
教会に来てメッセージをしてくれます

リバイバルというのは
聖霊が突然 強く濃く注がれて
それに惹かれた人たちが 自然に集まってきて
大きな癒しや解放が起きる という

私たちにしてみたら 聖霊をもてなす時間

本物の神様を求める
あらかじめ神様が選ばれている人たちが

神様が定められた時に
神様と出逢う 素晴らしい時間で

私たちは その時が来るのを
心待ちにしているわけですが

実際にそれを体験して
神様の臨在をもてなし続けている方に
直接お話を聴けることは
私たちにとっては恵みであるわけです

が 同時に

神様に出逢って欲しくない存在にとっては
絶対的な権威が来ることは
驚異であるわけですけど

聖書では イエスさまは
まず悪魔の誘惑にあいますが
聖書を引用してそれらを
ことごとく打ち破りました

そして 私たちに対してはこう言われた

人々を癒し 悪霊を追い出して
天の御国(みくに)が来たと言うため
全世界に出ていきなさい

そして人々を弟子として
私が教えておいたことを教えなさい

癒しと 悪霊からの解放がある時
そこはもう天の国 御国なのだと
イエスさまは仰いました

ですが 地においては
癒して終わり 解放して終わりではなく

癒しが完了するまで癒しを受け続け
悪霊を追い出し続ける必要がある

それを学ばないと

その御国の状態を地において
維持することが出来ない

人々を弟子として教え育てる必要が
あることが 新約聖書に書かれているわけです

そしてその「型」が 旧約聖書に書かれている

悪霊は目に見えない存在なので
わかりやすく 目に見える形で
書かれているのが旧約聖書だと言えます

新約の時代において

癒しを受け続け
悪霊を追い出し続けることは
とても簡単です

自分の弱さに 闘うことを諦めて
神様の強さに期待すればいいからです

病気の人は 闘病を諦めて
神様が癒しを与えたいと
思ってくださっていることを知り
神様に期待をすればいいし

この世の喧騒に振り回されて
辟易している人は
自分や他人を裁くことを諦めて
神様の愛の平安の中に留まり

神様からの召しを受けて
そこに100%身を投じる時に
必要は全て満たされるということを
体験し続ける人となればよい

そのためには

自分が思う神様に期待するのではなく
生ける神様の声を待つことを学ぶ
必要があるわけです

神様は目に見えない存在なので

例えば 神様はお父さんです
と 比喩的に表現されても

地における肉の父親のイメージを
重ねて見てしまうので ずれる

本物の神様を知るためには
こんなお父さんです という
話を山ほど聞くか

自分で直接対話し体験するしかなく

聖書を学ぶことは 神様を知ること
洗礼を受けて聖霊を貰うことは
神様を体験して対話する機会を得ること

この2つを通して

「自分が思う神様」という
偶像が打ち破られていくときに

神様との親しい関係が
約束の恵みとして花開くわけです

ひとりひとりが

神様の素晴らしさを伝える器として
神様の特別な愛を受けます

その愛と恵みを受けなければ
あなたを通して神様が恵みを
伝えようとしている人に
神様の愛と恵みが行き届かない

神様の恵みを受けて
神様の証人となること

それが 神様の願いで命令で召しなのです

その召しを 受けるべき全ての人が
受けますように!(含む自分

アーメン\(^o^)/

—2016年8月23日追記

牧師さんがいらした時の様子を
記事にしていますので 合わせてお読みください

本当に奇跡が起きました!

癒しの奇跡(癒しの予告の成就)

Pocket
LINEで送る