預言アート

Pocket
LINEで送る

今日は待ちに待った預言アートのクラスでした

授業前半では 預言アートの証を
たくさん聴かせて頂いたのですが

しみじみ思ったのは

預言アートというのは
ただの描写ではない ということです

預言アートとは 神様に啓示を頂いて
絵を描く というものですが

心に浮かんだもの
神様が見せてくださったものを
ただ描写するのではなく

神様がなさりたいことが
その絵から解き放たれる

その鍵を埋め込む作業だなぁ

ということでした

だから 神様が何を見せてくださり
自分が何を描いているかについて
全く理解出来ない時だってある

受けるべき人が それを見た時に
励まされ 或いは悔い改めの心が起こり
そして 奇跡が起こる

それでこそ預言アートだ ということ

神様は 勿論「そのまま」の私たちを
そのままでいいんだよ と言って
用いてくださるのだけど

神様の何を求めているか というのが
そのまま絵に現れるものだなぁと
自分を含め 参加者全員の絵を見て
感じました

それぞれに 違う賜物と役割が
与えられているので

それが合作になった時に
本当に 神様の様々な側面が
ぎゅっと凝縮された作品になる

そして それがまた本当に美しいわけです

素晴らしいなぁ と思いました

預言アート 本当に楽しいですが
合作 本当にいいなー( ・∇・)♪

20160815-1

20160815-2

あと2回の学びで 神様が
私やりゅうくん また他の参加者さんを
どのように引き上げようとして
くださっているのか

大いに期待しようと思います

ハレルヤ\(^o^)/

Pocket
LINEで送る