わからなかったら聞いてみる

Pocket
LINEで送る

神学校で 互いに祈りあう時間のお話

丁寧に祈るタイプのりゅうくんは
時間をかけすぎてしまって
それでよかったのかーと苦悶していました

苦悶するなら聞けばいいだけだ

と いうことを説明するためであるかのごとく
同じとき 私も同じ状況にいたのでした

その日私は りゅうくんとは違うグループで
お祈りをしていたのですが

全てについてお祈りをしたら
時間かかっちゃうからどうしようかな

と 思い 神様に祈り方を
確認してから ある程度まとめて
祈るように示されたのですね

りゅうくんは 祈り方を
神様に確認するまではしなかった

だから いつも通りの祈り方をして
(自分のやり方でやって)
悶絶することになったわけです

神様に聞いてやれば
もしそれで時間オーバーしたとしても

神様に示されたから と
神様に責任を負ってもらえます

また 人から非難されたとしても
神様のことを証すると
相手は非難したことを恥じ入ることになる
と 聖書にはきちんと書かれている

神様に導かれる 神様に伺うことは
余計な苦悶する時間を減らしてくれる

神様に全部責任を委ねると
神様の権威の傘に入ることが出来て
守られる ということは
前々から感じていたのですが

全てを良くしてくださり
自分の思いからも守ってくださる

そこは 自分としては
大きな気付きでした

他にも なんか色々と
示されてたようなので

今日も神様とたくさんお話出来て
よかったねー と言ったら

まだまだ足りないーと言ってました

飢え乾く思いが与えられることも
恵みだなぁと思います

Pocket
LINEで送る