育ててくださる神

Pocket
LINEで送る

今日は 朝からずっと賛美歌を
歌いっぱなしの1日でした

まだなんとなく体調が悪いことも
ありましたが そんな1日でした

賛美の中には神様が住まわれる

その時私には 神様の臨在が必要だったのです

先日の 土曜日夜に突然
ひとつの企画が形になりだしたので

それをりゅうくんが きちんと
自分の作品(就活で使うもの)に
出来るように~と思い

昔作った ゲーム要素を提案する
企画書なんかを引っ張り出して
アイデアを企画にまで練り込むには
何が必要か という話をしていた

のですが

まあ いきなり学生さんが
何千万単位の企画書見せられて

君もこれを作るんだよ~

と 言われても引いちゃいますね^^;

アイデアを出すのは楽しいのだけど
お金が絡んでくると突然重くなります

しかし 企画書というのは
予算を出してもらうための
説得ツールであるわけでして

この企画がどれぐらい人に愛されて
どれぐらい時間とお金を
使ってもらう見込みがあるか

というのを説得する必要がある

プランナーというのは
ただ仕組みを考えれば良いだけの
お仕事じゃないんだよー

と いうのを教えたかったわけですが

「すみが考えて」

と 投げてきたw

いやいやいや 君の就活で使うものでしょw

自信がないのはわかるけど
私が作ったのでは全く意味がない

さて どうしたものかなー

と 思っていたら
神様がりゅうくんに
きちんと釘を刺してくれました

澄子を見た時、花壇に植わった花畑が見えた。
あなたはそれを育てるものではなく
描き写すものである。

育てるのはわたしがする。間違えるな。
それを育てるといいながら、摘んではいけない。

…ですよねー

と 思いつつ

作れるようにナビゲートして
あげられるようになるのは
良いのかな?

と ゲーム企画書の書き方本を
ぱらぱらと見てみている次第です

でも こんな話をしていると
昔を思い出しますね

24の時 会社でトラブルがあり
社長が蒸発してしまうという
事件に巻き込まれたことがありますが

当時 名古屋にいたもので
はて次の仕事はどうするかー

と思ってたら ダーツバーで
某大手企業のwebサイトを
作っている会社の社長さんと知り合い

今度 某大手ゲーム系企業に新規提案に行くのだけど
あなたが企画を作らないか?
うちの社員(デザイナーとプログラマ)は
自由に使って良いから

それで 例えば200万の企画を通したら
20万をあげるよー

と 言われ

いやいやいや それ針のむしろでしょ
いきなり10歳近く年下の小娘を
社長が連れてきて 指示にしたがってねとか

ないでしょ 怖すぎでしょ と
熟考の上でお断りしたことがありました

でも あの時に

お仕事を作るというのは
そうやってやるもんなんだなー

という具体的なイメージを掴み

大きな額でも すごい制作さんでも
臆せず動かせるようになりたいな

というビジョンを得て

結果 きちんとそういうお仕事を
する機会に恵まれて

しかも その時名前が出た
大手ゲーム系企業さんとも
お仕事をする機会があり

神様だなぁ 自分の実力じゃないよなぁ

と 常々思っていたのですが

だから

イメージを持つ
ビジョンを与えられる

というのは大切だと思う

…のですが

私の賜物と りゅうくんの賜物

明らかに 神様が個々に 別々のことを
やりなさい と示されている

どの部分がどっちの担当なのか について

自分の思いではなく
神様の視点できちんと
見分けて動かないとだな

と なんとなく感じる日 だったのでした

私を見て描く とは
どういうことなのかなー

と 思ったときに

ひとまず 自分のことを書いておこうと
昔話などしてみた次第です

Pocket
LINEで送る