希望に頼る

Pocket
LINEで送る

今日は礼拝だったこともあり
示されたことはたくさんあるのですが

ざっくり言うと

苦しみには2つの種類があるということ

それから 無から有を生み出すことが出来る
この世界を造られた神様には

この世界において不可能は何もない

そのことが あなたの人生に関係あるかどうかは
あなたの心ひとつである というお話です

まずは2つの苦しみについて

苦しみというのは
罪による苦しみと
キリスト者の故の苦しみの
2つがあり

罪による苦しみには
解放が与えられ

キリスト者の故の苦しみには
希望が与えられる

自分の罪で苦しむことなく
しかし キリスト者としての苦しみに対しては
もっと希望を持つように

忍耐に頼ることをやめて
神の希望に頼りなさい

でした

それから

この世の問題に 神様が
どのように介入してくださるかを
もっと期待して祈る

でした

本当は その示しがあった背景の
証をしたいのですけど

混乱を招きそうなので割愛…

ともあれ 今までどこかで
詰まっていたものが外れて
何かがやっと流れ出した

という一日でした

まだまだスムーズに とは言えませんが
1度水が流れ始めれば
決壊するのも時間の問題

ブレイクスルーは近そうです♪

ペテロの手紙第一4章15~16節
あなたがたのうちのだれも、人殺し、盗人、悪を行う者、みだりに他人に干渉する者として苦しみを受けるようなことがあってはなりません。
しかし、キリスト者として苦しみを受けるのなら、恥じることはありません。かえって、この名のゆえに神をあがめなさい。

Pocket
LINEで送る