神様からのメッセージ20170307-01

アイスクリームを焼くとどうなると思う?
溶けずに表面が焼けちゃうんだよー
外はぱりぱりで少し熱くて スプーンを刺してみると ひんやりした中身が表れる
口に含めば 熱いのと冷たいのが不思議と合うんだよ
わたしの息で焼けば すぐにできるよー

登山と神様

もう何度目だろうか
男性は 山の頂を見つめ そうつぶやいた
頂上目指して 幾度も挑戦するも
試練の度に 心を砕かれ 諦めそうになった
自分は 本当にたどり着くことができるのか

続きを読む

私たちは鍵である
私たち一人だけでは なんの意味もなく
ただあるだけである
私たちを創られた方は
私たちが開けるための扉をも備えてくださった
私たちが扉を開けば
無限の世界 絶えぬ財産を手にすることができ
私たちの生まれた意味を全うするだろう

続きを読む

神様からのメッセージ-伝道とは20170310

愛するものが溺れているのを見つけたらどうするだろうか
もし遠くに見つけたらどうするだろうか
溺れるものの近くにいるものに
助けさせないだろうか
だがわたしは 水の上に立つもの
引き上げる力のあるものを
助け手として遣わすのである
板一枚でかろうじて生きながらえるものに
どうして他人を救えようか

伝道とはなんだろうか
わたしが引き上げることではないか
このわたしが溺れるものを水の上に立たせることではないのか
溺れるものよ
まずあなたが救われなさい

夢の湧き出る泉

人の心に据えられたもの それは 夢の湧き出る泉だった
中をのぞけば お菓子やおもちゃなど 子ども心をくすぐるもの
深いジャングルや宝の眠る遺跡 はたまた宇宙の果てなど 冒険心を煽るもの
親や恋人や子ども 家族との生活風景など 愛に包まれたもの
それらが溢れ やがて口や手などを通して 外へ流れ出す

続きを読む

果物の絵

絵の展覧会 その中の一つにこんな絵がありました
その絵は 洋ナシのような果物の形をしていましたが
マトリョーシカのように 何重にも実を覆っていました
その果物は 一番うちはおいしそうに描かれていましたが
外側になるにつれて 貧相な おいしくなさそうなものへと変わっていきます
この果物は 絵の世界の中で 食べられることを恐れて 不味い実をつけてしまっていたのです

続きを読む

少女の絵

その展覧会には もう一つ絵が飾ってありました
その絵は 作者のお墨付きでした
そして その絵も作者を愛していました

その絵の紙質は ほかの絵のものよりもよく
絵を描く素材の良さを より引き出すものでした

続きを読む

神様からのメッセージ20170317

わたしが子どもが好きな理由を 少しだけ話してあげよう
それはね 子どもは愛を大事に抱きしめて離さないからなんだよ
両手いっぱいに力いっぱい胸に抱きよせ
心からそれを求めている

また ほしいものを素直に求め 受け入れるからなんだよ
余計な隔たりを作らず 槍のようにまっすぐに それを求め向かっていく
それは勇士のように 力強く敵を寄せ付けない

子の心とは 足ることを知ること
平安の中にとどまり わたしとともにいることを実感すること

それを知るものは わたしの土台に立ち さらなる高見 新たな世界を切り開く
それを見たいのならば わたしとともにいなさい
我が愛する子よ

神様からのメッセージ20170318-01

あなたは何を見るのか
おいしそうな料理か 積まれた知恵知識の本か 自分を取り巻く人々か
どれもあなたにとっては麗しく 心を惑わすものとなるかもしれない

あなたはどこを見るのか あなたの心はどこにあるのか
あなたは外を見ることで 心が荒み 殻が大きくなった

それはあなたを守りはするが わたしとの隔たりとなり あなたの心は冷えてしまった
だから 殻を捨て 喜びを掴みなさい
わたしの与えるいのちを受け取りなさい

ある時期を境に その殻はあなた自身を傷つけるものとなるのだから