第28話 その8

少女と女性は 医者たちと手をつなぎ 目を閉じて祈った
すべての基である方 すべてを形作り その御口から語られた歌によって 世界を紡がれた私たちの父よ
私たちは あなたが紡がれなかったものによって 拒まれ あなたが望まなかったものによって 苦しめられています
私たちの王よ どうか あなたの栄光によって 患いの根となっているものを焼き尽くしてください
これらは 人の漏らすべき悪意ではありません
これは 人のうちに宿るべきものでも ほかのどの被造物が蓄え紡ぐべきものでもありません
私たちは ただあなただけにより頼み そのみことばを支えとします
あなたの杖によって 悪しきものをこぼち あなたの御手によって 暗きわざを打ち砕いてください

医者たちは ひれ伏して言った
我らの王よ どうぞ御顔を隠さずに 私たちにあらわし その光で 私たちを照らしてください
私たちの知っているもの また 見ているものすべては あなたの御口によって形作られ そのみことばによって構成されています
この世界は 一つの書物のように あなたのことばがすべてに書き記されています
我らの著者よ どうぞ 私たちから あなたのことばを取り去らず あなたの慈しみと恵みとを施してください
我らは ただあなたによって 成り立ち 私たちの知るものすべては あなたのものです
私たちは もう二度と自分の知識を誇りません
それらはすべて あなたの書斎に書き記してあるものばかりです
また 知恵を誇りません
それらはすべて あなたから下り あなたが与えてくださった領域を知らせるものなのですから
私たちは 病も患いも 知恵知識も恐れません
ただあなただけを恐れ あなただけを愛します
どうか あなたの光で この世を満たしてください

めえ
そのことばとともに 羊が光り輝き 医者の家は光で満ちた
それは 羊から咲く花が輝き 汚れた花粉 徒花の毒を無力にし 人々を患いから解き放つものだった
その方は言った
人にはできなくとも わたしの父にはなんでもできる
そして 父が与えてくださる力によって 信じるものはなんでもできるのだ
あなたがたは父から種を受け取り その種は父によって芽を出し その実は世に打ち勝つ権威を伴ったものなのだ
あなたがたはただ 父の栄光を見なさい

羊の花から流れる蜜は 町中へと広がり それを嗅ぐもの 口にするものは皆 癒された
そして それらをことごとく 二人の医者と少女たちは目にした

我らの父はほむべきかな
あなたは私たちを顧みて 恵みを施してくださる方
あなたは長く私たちを苦しみの中に置かれることはされず
あなたの御前でいつも喜びと楽しみの宴を開いて それに招いてくださる
私たちは ただ あなたのうちで あなたのなさったことを感謝し 歌おう
私の口は ただ あなたのことを宣べ伝え
私の心は ただ あなたへの感謝と喜びにあふれている
我らの王はほむべきかな
我らの創造主 我らの著者はほむべきかな