第28話 その6

少女は二人を鼓舞したが 医者たちは慌てふためき 戸惑っていた
女性はそれを見つめていたが 口を開くことはなかった
そこへ 羊は二人に近づき めえ と鳴いてすり寄った
医者たちは声を上げ 自分勝手に語るのをやめて羊を見た
羊は 二人の顔を見て めえ と鳴いて コロンと寝転がった
少女はそれを見て言った
この子は 私をもう一度診てください と言いたいのです
医者たちは それを聞いて 顔を見合わせ おずおずと羊を診察した
二人は 同時に羊を診て それぞれ自分たちの持っている知恵によって 症状を分析して語った
それは 互いに見えていない部分を浮き上がらせるものとなり すべてを語り合った後 二人の医者は顔を見合わせた
あなたは私にはわからなかったことを知っています
あなたとともにならば この患いを取り除くことができるかもしれない
そう言って 二人は手を取り合った

肉のものは肉によって取り除かれるが 霊のものは霊によって取り除かれる
その患いは何であろうか
すべてが物質によって成り立っているのではなく すべてが器であるのではない
器は中に注がれているもののためにあるのであり 中のものは器なしでは地に流れてむなしいものとなってしまう
その病は何であろうか

小さな魚は 医者たちが互いに語り合っているのを見た
それは 的を射ているものであって 互いに欠けていたところを 知恵によって補い合い
内に秘められたものを解き明かし 探って見出そうとしていた

旅人は 医者が言い合うのを見て叫んだ
あなたがたは自分のことしか見ることができないのですか
それなら医者をやめればいい
医者は患うものを見るのが仕事なのではないですか
あなたがたの目が見えていないのではないですか
私は言いましょう
あなたがたが積み上げたものは すでに世に見出されたものであって なにも新しいことはない
すべては この地を据え 天を引き伸ばされた方から流れ出るのです
あなたがたは 何を思違いしているのですか
あなたがたが築いたものは また 他の人が築いたものではありませんか
あなたがたは 先にいた人たち 自分たちのことだけを追い求め 日々を過ごして滅んでいった 愚かなものたちと どんな勝ったところがありますか
あなたがたに優れたところが見出されないのであれば 全能者は 前のものと同じ道をあなたがたが歩むのを見るでしょう
医者たちは それを聞いてひれ伏した
私たちは 罪を犯しました
自分たちのことしか考えず その目はただ自分の利のみを追い求めて飽くことがありませんでした
しかし いま 目を覚ましました
いま ようやくこのいのちが 死の淵に追いやられてしまったので 私たちは 自分たちが何をしていたのかを汁に至りました
私たちを導く方よ どうか あなたのことばを私たちに与えて 私たちが滅ぶことのないようにして下さい
旅人は答えた
それは 天地を創られた方に願うべきことである
彼はいつも人々に耳を傾けられ その心にある願いを探っておられる
あなたがたは ただ彼を求めるべきである
医者たちは ひれ伏し 自分たちの父を呼び求めた