第27話 その4

それを聞いた少女は 羊を抱きしめて目を閉じた

すべてのものはあなたをたたえ すべて生きあるものはあなたを褒め歌う
私の心は揺るがなく あなたによりたのむので あなたは私を守られます
私の血はあなたのゆえに燃え上がり 私の心はあなたの言葉のゆえに火を灯される
その火は真理の油によって燃え すべての不義を焼き払うもの
すべてのことを分別し 炉で精錬されたような剣であるあなたのことばを この舌は語ります

あなたはすでにいい送られたことに反することなく すべてを成就し 成し遂げられなかったものは何一つありません
あなたはあなたを頼るものをご自分の子として迎え入れ あなたに委ねるものを何一つ軽んじることなく あなたのものとしてくださいます
あなたは私を子として作り 世に送り出されましたが
いま こうしてあなたを知ったとき 子を抱き寄せるように私をそばに置き あなたのことばで絶えず私を楽しませてくださいます
私の造り主である方 あなたの御名はほむべきものです
それは唯一のものであって 地上においても 諸々の天においても あなたに並び得るものはありません
私の愛する方 あなたの語ることを もっと受け取らせてください
私はあなたを慕います

富むものと貧しいものとは共に出会う
それは 彼らを作ったものの御前で
彼らは互いを見て 自分に無い物を見出し 互いに仕え 彼らを作った方に仕える
彼らは 自分が富むものだと思わず 自分に足りないものを知っていた
そして 自分の持っているものを知っていた
彼らは互いに分け合い 自分の知っていること 見てきたこと 知恵知識を分かち合い 目に見えるものも見えないものも 一切を共有した
また 一人では負うことのできないものは 二人であれば負えると 互いに自分の分を担った
これは あなたを映したようです
あなたはただ一人で地を治められず ご自分の一人子にお任せになり はじめに彼によってすべてをつくられ
そのあとに 彼によって支配されます
それは 私たちが互いに愛し合い あなたを愛することのようです
あなたは 私たちに ご自分の富んだ部分をご自分の秤に応じて与えられ 人々のうちにある畑にそれを植えられました
あなたは それを育て 実がなるように導いてくださいます
そして その実は 一人では決して完成することのできないもので すべてのものがあなたによって一致するとき あなたの栄光が現れるようにされました
それは 私たちが人にすぎず 分を超えて誇ることのないためであり
あなたが私たちを支えられ 私たちが母の胎に形作られる前から 私たちを愛しされ その一生をことごとくあなたのために書に書き記されました
あなたは私たちにすべてを負わせず 彼によってすべてのものが愛の結び目 筋によって結び合い その完全な栄光が現れるようにされました
あなたのようなものは他にはおらず あなたの愛に勝るものは この世に存在しません
私を愛してくださる方 どうぞあなたのことばで わたしの心の井戸を満たしてください

少女は目を開けると 世界は愛で満ちていて キラキラと輝いていました