第25話 その1

ある町に 一人の年を経た女性がいた
女性は 一人で暮らし 花を育ててそれを売っていた
しかし 多くのものは その前を通り過ぎ 買うものは少なかった
そのため 女性の生活は苦しく 花を維持するのがやっとであった
女性は願っていた
どうか 身寄りのない私の子たちであるこの花たちが
私が息の尽きる日までに すべてそれにふさわしい人のところへ送り出せますように
どうか 一つとして 無為に枯れることの無いようにしてください

ある時 女性はいつものように花に水をやり 店を開けてみると
目の前に幼い女の子がいた
女の子は女性の顔を見つめていた
女性も笑顔で女の子を見つめて 言った
しわくちゃの私の顔より この子たち 店の花たちを見てごらん
欲しいものがあれば 特別にプレゼントするわよ
女の子はなおも女性を見つめ 女性の前にさっと何かを突き出した
それは一輪のバラの花であった
女性は言った
これが欲しいのね
女の子は首を振って女性に渡して言った
これはあなたにこそふさわしい
女性はなんのことかわからず 困っていると 女の子の後ろから 白髪の男性が近づいて来て言った
その花は あなたの麗しさには劣るが あなたにふさわしいものだ
そして 男性は近くに来て 女性の前でかしずき 手をのばした
わたしとともに来てくださいませんか
女性は言った
私は年老いていますし 麗しくもありません
これは私には過ぎたものです
男性は女性の手を取り 鏡を取り出して言った
これが本来のあなたの姿 わたしが望んで愛したあなたの姿です
気を乱してはなりません 光は闇よりも明るいのです
その鏡には 美しい女性の姿が映っていた

男性は言った
あなたとともに この花たちも買い取りましょう
わたしの家に着くまでに 道行く人にこの花を配り
私たちの喜びをともに分かち合いましょう
花たちは 風に吹かれても凛と立ち 露は光に照らされ輝いていた

その方の導く船は岸につき みんなは陸へと上がった
その近くには町があり その方は子どもたちを引き連れてそこへ入っていった
町の人々は おのおの自分の向かうところへまっすぐに進み 互いに挨拶を交わす暇もないくらいにせわしなく動いていた
その方はその中を通っていき 子どもたちが人にぶつからないように先導した

さて ここに一つの花屋を営む女性がいた
女性は花から種を取ってそれを増やし 鉢に植えてはそれを育て すべて一人で切り盛りしていた
王女はそれに目を止めて 目を輝かせた
少女も花に近づき 香りを嗅いで笑顔になった
花屋の女性は少女たちに気付き 手を止めて声をかけた
いらっしゃい かわいらしいお客さんね
好きなだけ見ていってね 良ければ好きな花をプレゼントするわよ
王女はそのことばを聞いて顔を上げ 全部の花を見始めた
羊は花に近づきそれを嗅ぐと口を近づけそうだったので 少女はそれを制した