第24話 その3

その方は星を指して言った
あれを見なさい
これらは あなたがたのために据えられたもの あなたがたがいなければ これらは備えられることもなく 天に散りばめられることはなかった
これのひとつをとって 話をしよう

燃える火の玉が地に落ちた
それは何かを燃やすために落ちたのではなく 地に用意された器に落ちるために 天から降った
火は 地の皿に注がれると なにもないのに燃え上がった
それは 星を作っていたものが崩れ 中にあった油が漏れだしたからだ
地はそれを受け止め 火も油もこぼすことなく 燭台のように 火を灯し続けた
それは狼煙となって 空に舞い上がった
それを見るもの その匂いを嗅ぐものはみな 腰に自らの剣を帯びて 戦いに出た
大いなるもの 汚れたものが 鍋を傾けて流れ出るように この地に来る
しかしそれは前以て知らされ その時のために備えをされていたので 人々は各々の武器を手にとり 戦いの地に赴いた
敵は彼らの手に渡された
農夫が地の作物を刈り取るように ぶどうの房を手に取り 一つずつ取り去るように
敵は勇士たちの手に落ちていった