第23話 その3

女性は王女に言った
王女さまもこの旅に来てくださるなんて しあわせです
王女は答えた
一時的によ 最後までついていけるかわからないわ
国のこともあるし
少女は受付をしているその方のほうを見て言った
王女は 記録していた時間から切り取られてこっちに来たんだよね
じゃあ 昔は昔でそのままとかなんじゃないかな
王女もその方のほうを見て答えた
全く解決していないまま 私だけこっちでいるのは みんなに申し訳ないわ
でも それが私のすべきことなのであれば 私はついていくわ
羊は二人の顔を見て めえ と鳴いた

わたしのことばがあなたがたに留まり あなたがたがわたしにとどまるなら
わたしのことば 父のみこころがあなたがたのうちに根を下ろして 芽を出して実を結ぶなら
あなたがたは本当にわたしの子として呼ばれます
あなたが手で作り上げるものはみな わたしの父が先に備えて あなたのために言い送り すべてのことをなして下さいます
あなたが語られたことばを受け取り それを信じるなら それがあなたの義とみなされ 父に従うものとして賞賛されます
それは 父が賞賛するに値する方で 父のみそれにふさわしい方だからです
子たちよ わたしの父は すべてのことにおいて あなたがたをとおして益としようと計画しています
あなたがたが父の子として建て上げられ その衣をまとうなら あなたがたは罪を犯したものではなく
隠れた罪も その衣により砕かれます
子よ あなたの持っているものはみな あなたに与えられた種が欲しているものです
その種は 行くべき道を開く鍵であって その先々で あなたの賜物は磨かれていきます
だから 惜しみなく用いなさい
あなたがそれを用いる度 わたしの父がなそうとしていることが地で行われ 御国がそこから広がっていきます
あなたは御国を建て上げるものとして遣わされ 御国の大使としてそこにいる御使いたちに命じなさい
それは父が号令を出すように力強く あなたの命じるままに御使いたちは聞き従い 地の表はきよめられ 敵は打たれます
子よ あなたの身分は何者にも汚されない
だから その冠を失うことなく守り抜きなさい
それは この世だけでなく後の世でも有効な 特別な賜物なのです
あなたがそれを破棄するなら 俗悪なもの エドムと同じものとみなされ 天の御国にふさわしくないものとして地の底に落とされます
しかし それを信じて その務めを果たすなら 父はあなたを喜んで御国に迎え わたしの花嫁として飾られます
みなさい 婚姻の時期は近いのです
だから あなたはあらゆる汚れごと 忌むべきことに気をつけて 周りに引き込まれないように注意しなさい
あなたは目に見えるところから悟るのではなく わたしのことば すでにいい送られ また 日々語ることばを注意深く聞き それを握りしめなさい
それはあなたの心をきよめ あなたの愛は冷たくはならず あなたのいのちはよみには降ることはありません
我が子よ あなたが持っている灯火を 隣の人にも分けてあげなさい
それは暗い中に輝く希望であって それは失望に至ることのない 永遠の約束です
わたしが語り 行った福音こそ その希望であり灯火です
我が子よ 我が愛する子よ 満たされた油によって その火を燃え上がらせ 自分の務めを果たしなさい
わたしが愛するその愛を持って 果たしなさい

全能者は すべての時間に生きておられ また すべてのもののはじめからおわりまでをご存知である
その方は 昔いまし今いまし 後に来られてすべての清算と報いを与えるために来られる
その日のために準備を整えるものは幸いである
そのものは報いにもれることなく 父に引き上げられ 死からいのちにうつるのである
そのもののはじめは 昔こられ 後に来られる方に継がれ その方の愛を余すことなく受け継ぎ 死を味わうことはなく 行くべきところの前味を受けるのである
そのものは幸いである
自分がすべきことを知り そのために注力し いのちの日の満ちるまで 幸福なものとして走りきるだろう
父よ あなたのみこころを示してください
子らはそれを求め あなたの顔を慕い求めています