第7話:はじまりのいえのあらたなみち

羊と少女は菓子パンを取り出した
それは老父からもらったもので 取っておいたものだった
その方は言われた
食べなさい それはあの老父があなたがたのために送ったものなのだから
二人は菓子パンをかじった
火に焼かれたのか 外側はカリっとしていて 中はふんわり ちょうどいい焼き加減になっていた

それを食べ終わってすぐ 羊は焼き菓子の入った袋を持っていたことに気づいた
その中には その方が飴のようなものを乗せた生地を焼いたものが入っていた
取り出してみると ちょうど7つ入っていて それぞれの色 花につけた色が並んでいた

その方は言った
それを少女と分けて 食べなさい
わたしが与えた光がいつまでも内にとどまり あなたを通して輝くようになるためである
羊はうなずいて それを半分に割り 少女とともに それを口に運んだ
それは 色ごとに異なる味をしていて どれも甘くおいしかった

その方は羊に本を渡された
これを読んでみなさい
羊はそれを開いて 少女とともに目を通した
そこには 5人の出来事が書かれてあった
老いた王と 漁師とその妻 王子とその妻の姿であった
彼らは光に満ちた森の中に小屋を建て その家に住んで 互いに必要なものを分け合い
その森を管理して 暮らしていた
そこには影はなく 恐れによって生み出される幻もなかった

その方は言った
彼らは彼らの道に入った
あなたがたはこれから取り出され わたしとともに わたしの道を歩むようになった
あなたがたは 自分に与えられた道を まっすぐに進みなさい

その方は上へ上る階段の方へ向いて言われた
食事をしようか おなかがすいているだろう
その時 羊のおなかが音を立てた

羊は少女を乗せて 階段を上っていった
その方はすぐに上って行かれたが 羊たちはゆっくりと歩いていった
羊は思った
いまは光に照らされて いつも食事が整えられた中を生きている
本当に必要なものだけを食べ こうして生きている
羊はさっき食べた焼き菓子の味を思い出すように 口の中をなめた

階段を上り終えると すぐにいい匂いが漂ってきた
羊と少女は扉を開けると 大きな肉が用意されていた
その方は言われた
わたしの肉を食べなさい かな
そうして笑顔を浮かべられた

その方は 大きなパンを手で持てるくらいに切って それに切り込みを入れた
そして 大きな肉を切って パンに挟み それを羊と少女に渡された
その方は言った
それを持って待っていなさい
みんなが集まるまで少しの間 食事のために整えていなさい
羊は目を閉じて心を沈めた

自分は何もないところから引き揚げられた
自分は周りのことを理解する前に そこから引き揚げられ ここに連れてこられた
内にはなにもなく ぽっかりと空間が開いたままで
なにかがそこを満たすことはなく このまま外側も滅びると羊は思っていた
昔は 外に希望があると思っていたが それは薄れゆく影にしか映らず 本当にまばゆく光るものはなにもなかった
しかし いまは内に光るものがあることを知った
それは 何かをして得たものではなく ただ与えられた恵みであって 約束と生きる目的であった
曲がりくねって 先は途切れていると思っていた道も その方によってまっすぐにされ
奥からは希望を感じさせる光が差し込んでいた
その詳細は まだはっきりとわからないが
内にある目的は それに向かって突き進めと羊を動かしていた
また その道に一歩踏み出した時 周りの景色は一変し 影だと思っていたものにも すべてにその方の光を見出すことができた
羊は思った
その方によってつくられたものにはどれにでも 同じ光が宿っている
それを正しくあらわすならば 同じものをあらわすことができる
同じ感動を与えることができる
また それは人の手によってつくるならば人並みにしか届かないが その方とともに行うならば 思い起こすこともできないような高いものへと成し遂げることができることを知った
羊は言った
私に与えられたものは なんなのだろうか
私は何者なので このような恵みにあずからせていただけるのだろう

その方は ちりん と鈴を鳴らされた
羊がそれを聞いて目を開けると 皆がすでに席に座って 羊を見つめていた
それに気づいた羊はびっくりしたが その頭を少女は撫でた
その方はにっこり笑って 食事の宣言をされた

人はチリからつくられた それはその方の手によって
その手は粘土を形作るように 両手で包むようにつくられた
その手は優しく 力強く 愛を持ってことを成された
そうしてできあがった人は 世に出ていったが
その方の計画にないこともしてしまうことや 巻き込まれることもあった
人は おのおの自分のよいと思うままに進み ことをなそうとして余計なものをつけていったが
その方に出会ったとき そのことを恥じた
その恥を受け入れたとき その方はもう一度私たちをその手で包んで作り変えられる
そのとき感じるのは 生まれてきたときと同じ 全き幸福であった
不要なものに執着していた時の恐怖はなく 傷やシミも取り去られ その方のような姿へと変えられていくのである

羊は肉の挟まったパンを口いっぱいにほおばり 口に収まりきらなかったものが少しはみ出していた
少女はそれを見て笑い出し 羊も笑った
その方や 周りにいたものも笑って 宴は更けていった

その方は言った
一つ話をしよう
あるところに少年が生まれた
その子は神殿に預けられ そこで育てられ大きくなっていった
少年は毎日神殿を掃除し 柱や像を磨いていた
少年にとっては像を磨くときが一番心地の良い時間だった
少年のお気に入りだったからである
神殿は古く あちこちにひびが入っていて そこを管理していたものも年老いていて
すべてに手が行き届かなかったので 少年は重宝がられた
あるとき その国が戦争に巻き込まれ 国にいる一定の年齢の男性は兵役につくように命じられた
神殿に仕えるものはその役目を免除されていたが 少年はただ預けられているだけとみなされて 兵として招集された
少年は戦いに行くことを怖がって それに従おうとしなかった
ある期限までに招集に応じない場合は牢に入れられるという勧告を受けた少年は
より心を閉ざし 日々の仕事すら滞りはじめ 食事ものどを通らなくなっていった
少年は像を磨きながら言った
ああ どうかこの方が代わりに戦争に行ってくださったなら すぐにでもおわるでしょう
私が行っても なんの益にもならず かえって血を流すだけでしょう
その手は恐れの故に力が入らず 少年の心はなえていった
すると どこからか声が聞こえた
そのものが行って何になろうか 削られただけの息のないものが出ていってなにを成そうか
あなたは自分自身が与えられた役を果たしに行きなさい
あなたがここにいても ただ無益に時間が過ぎ行くだけである
少年はあたりを見渡したが何もなく 声の主はわからなかったが
少年は答えた
私は非力で 一人の人も打ち取ることさえかなわないでしょう
私はものを磨いたことしかないのですから
この像を磨くほか 私にできることはないのです
すると 声は言った
ならば その像を今打ち砕こう
あなたがなすべきことをしないのであれば いまのあなたの役目を取り除き 本当になすべきことのためにあなたを導こう
像は声の言った通り粉々に砕かれ 少年は驚いて言った
あなたはなんということをするのですか
その声は言った
さあ あなたの足のかせとなっていたものは砕かれた
わたしはあなたに一振りの剣を与える
あなたはそれを磨きなさい
あなたはそれを持って戦いに臨みなさい
その剣は人を傷つけることなく刺し通し 不要なものだけを打つものである
少年は像が砕けた跡を見てみると そこには剣が残っていた
少年はそれを取って磨きはじめ 召集の日にそれをもって出かけた

少年は招集されたことを伝え その日から兵舎に住むことになった
招集されたものは ここで少しの間訓練され 戦地に送り込まれていた
少年はそこでも 剣を磨き 語られた声を思い返していた
そして言った
私はここへ来てみたが はたしてなにになるというのか
少年はそうつぶやいて 刃を磨き続けた
日が流れて 少年たちが戦地に送られる時が来た
少年は立って車に乗り込み 目的の場所まで運ばれた
そこでは 人の形をした何かが互いにいのちを削り合って そして血を流すことを繰り返していた
少年は思った
やはり 私が来るべきではなかった このような恐ろしいところを目の当たりにし 体はかたくなり 足はいうことをきかなくなってしまった
すると 後ろから声が聞こえた
あなたがここへ導いたのはだれなのか あなたは知らないのか
あなたの心のよりどころにしていたものを打ち砕き あなたにその剣を与えたのはだれなのか
わたしはあなたに語り すべてを整えてこの場所に導いた
いま その剣を持って わたしについてきなさい
声はあったが姿が見えず 少年は恐れていた
すると その声はいった
まだ恐れているのか わたしがあなたに与えたものは まだ足りないのか
あなたが本当に今置かれているところを見ることができるように
あなたの目を開こう
こういって 少年の目は開かれた
少年は先ほどまでと違ったものを見ていた
少年の周りには なにものもいなかったが いまでは剣や槍を持ったもの 戦車や騎兵 また旗を持って導くもの ラッパを吹くものなどがいた
そのものたちは 一緒に連れてこられたものたちや 血を流すために争っているものたちとは違い 力があふれており赤々としていた
少年は驚いていった
これは なにが起こっているのか
声は答えた
このものたちは あなたが命じない限りは なにもしない
あなたはわたしがここに連れてきた そしてこのものたちをあなたに与えた
あなたはその剣を持って前に進み その口を持ってこのものたちとともに
この戦いを終わらせなさい
その声は そのことばとともに少年の胸を打たれた
少年は一度倒れたが そのあとに起き上がり 内にあった恐れはもうなくなっていた
少年は立って周りのものたちを導き 先陣を切って戦場をかけた
その声に迷いはなく 争う者たちの武器や血を見ようとする思いを打ち砕いていった
人々は恐れていった
このものは何者なのだろうか どうしてわれわれは生きながらえているのか

その方は言われた
剣を用いるものは それに従う者たちを引き連れて 無益なものを打ち砕いて回り 不要なものに縛られていた人々の縄を断ち切っていく
そうして人は本来の道に帰っていき おのおの与えられた役目を全うするに至るだろう
あなたが与えられているものは わたしの声に従って歩むならば このようになる
あなたがわたしのことば わたしのこころに歩み寄ってくるならば あなたに与えられたものはあなたに従うようになる

また 少年が別の道を歩んだとしよう
少年は道に捨てられ 雨に濡れていたが 誰かが少年が濡れぬように宿に入れて ある程度まで育てた
少年は物心ついた時から あるものを握っていた
それはこぶしくらいの大きな真珠であった
少年はそれを誰にも見せることなく大切に持っていて なにをするにも どこへいくにも手放すことはなかった
寝ても覚めてもそれから離れず そばに置いて守っていた
あるとき 人が少年に声をかけた
あなたは真珠を知らないか 大きな真珠を
少年は自分が持っているものだと気付いたが 首を振ってその人をあしらった
しかし その人は少年の周りをつけ狙い いつも影から見ていた
隠れたところで少年が真珠を取り出して見つめているのを発見し
その人は仲間を引き連れて それを取り上げようとしていた
少年をかくまっていた方は言った
あなたはいますぐにここを立って 遠くへ行きなさい
いますぐ その宝を持って 人のいない地の果てへと旅立ちなさい
あなたに追っ手がせまっている 後ろを振り返らず いま行きなさい

少年は急いでそこを出て行って あてもなく走り続けた
少年は真珠の他はなにも持たずに出たので 足は軽く 体は疲れることがなかった
追っ手はすぐそこにまで迫っていたが 少年に真珠を預けた方は 少年の目を開いて その道を照らしていたので
少年にとって道はすぼまることはなく 追っ手にとってはいばらのようなものとなった
しかし 追っ手はその数を増してせまり 少年の目の前にまで出てきた
少年は思った
もしこのいのちが断たれたとしても この宝を奪われてはならない
少年は言った
私はこの真珠とともに 道をともにしてきました
もはやこの宝と私は一つなのです あなたがたに引き離せるものではありません
そういって少年は うしろの谷の底へと飛び込んだ
そこは人々にとっては 地の大口を開けているようで 死がそこに満ちていて 息のあるものをまるのみにする黄泉のように思えた
しかし 少年にとってはそうではなかった
少年は谷を流れる川に運ばれて 追っ手の知らないはるか遠くへ届けられていた
そこについたとき 少年は目を覚ました
少年は長い間水に浸かっていたため あちこちが冷えてしまい
体を動かすのも困難であったが真珠だけはしっかりと握りしめていた
少年は言った
このままこの地で私は息絶えるでしょう
すると 寝たきりの少年の頭の方から声がした
あなたは死なない ここで終わることはない
あなたはわたしが与えたものを守り抜き そのいのちをも惜しまないでそれを保っていた
あなたに力はなかったが それでもあなたは握り続けていた
だからいま あなたの前に終わらない道へと続く門を開こう
これは閉じられることはなく あなたがここへ入るのを拒むものもいない
あなたが冠を守り通したので あなたはその報酬を受けるにふさわしいものとされた
あなたはあなたに害を与えるものに 同じ悪で返すことはせず かえって身を引いてそれを遠ざけた
そのために あなたに彼らを支配するための力を与える
あなたがその力を受けるにふさわしいものとして そのいのちを全うしたからである
その方は言われた
わたしの与えたもののために 自らのいのちを惜しまないものは それを得て さらに増し加えて与えられる
彼が生きた道が それを証している

その方は 話を続けられた
あなたがたは続く旅路に立っている
それは永遠のように続く 果てしない道である
しかし その目的の地はいつも目の前にある
あなたがたがそれを求めて歩み続けるならば そのかけらを得続けることができる
食物となる木を根こそぎ食べてしまえば その腹を満たすものが絶えてしまうために 飢えて死んでしまうように
あなたがたには少しずつ 日々必要な分だけ与えられる
あなたがたが十分に受け取ることができ 何一つとして溢れこぼすことのない量である
あなたがたがそれを受け取るなら それがあなたがたのうちに満ちて 生きることができる

さあ 次の旅への扉が開かれた あなたがたの支度も整えてある
あなたがたは立ってわたしについてきなさい
その方はそういうと 立って後ろの方を向かれた
そこには いつもは窓があって 日の光の差し込んでいた場所が
丸い扉のようなものに変化していて 奥からは光が帯の風に吹かれるようにゆらゆらと波打ってこちらへ流れ込んでいた