愛する娘の望むもの

わたしが与えたものよりも わたしを望むもの
わたしの愛する娘
そのかわいらしい口は なにを語るだろうか
桜のように愛らしい唇は なにを求めるだろうか

わたしを賛美し 慕い求める愛する娘よ
その笑顔は 陽だまりのように 周囲を照らし
その足取りは軽く わたしとともに踊る

あなたの目は 絶えずわたしに注がれ
その心は わたしの愛の注がれるのを 待ち焦がれている

あなたの杯は わたしの祝福によって満たされ
わたしの光によって その栄光が流れ出す

全能者である父 天地創造された主なる神さま パパが語る
愛しているよ