夢の湧き出る泉

人の心に据えられたもの それは 夢の湧き出る泉だった
中をのぞけば お菓子やおもちゃなど 子ども心をくすぐるもの
深いジャングルや宝の眠る遺跡 はたまた宇宙の果てなど 冒険心を煽るもの
親や恋人や子ども 家族との生活風景など 愛に包まれたもの
それらが溢れ やがて口や手などを通して 外へ流れ出す

心から溢れる水は 周囲の乾きを潤し 世界を変えて 夢を現実におろしていった

しかし その泉は もう一つのものを湧き出させていた
それは 混沌 あらゆる害毒
本来あるべきでないものが 敵の手によって投げ入れられて
それが 泉を汚すのだった

人は心に据えられた泉から 好きなように夢と毒を取り出した
ある人は 世界の常識を塗り替える 希望を手に 創造主とこの地を駆け巡り
ある人は 吐き出した闇に埋もれ この世と自分とを呪ってうずくまる

私たちは 泉を据えられた器にすぎないが
良いものと悪いものとを 選んで取り出すことができる
自分を見つめるということは 器を見るのではなく その中にあるものを見るのである
その時 あなたに与えられた真実を掴み取り出すのであれば
全能者は それを祝福され ともに生きるであろう