世界の著者と絵を描くもの

世界の著者は考えた
わたしと同じように 世界を彩るものを創ろう
世界の著者は 絵を描くものを創られた

絵描きは こうして生まれた
絵描きは 目を開き 世界を見まわし その素晴らしさに心を躍らせた
世界を見れば見るほど 創ったものの愛が 内に流れ込むからだ

絵描きは この世界を絵で表そうと考えた
絵描きは願った
どうか 絵を描くにふさわしい絵の具が与えられますように

世界の著者は これをみて喜んだ
そして絵描きのために 最高のものを送った

絵描きは 世界の著者からそれを受け取った
それは 絵の具ではなかった 絵を描く道具でも 絵を表す紙でもなかった

それは 情熱だった
その情熱は 絵描きの心を燃やした

絵描きは 絵を描いた
世界を 書き表した
その世界は 愛によって創られた世界だった

その絵は 見るものに思いを与え
人の心を 柔らかくした
愛がその人を包むからである

世界の著者は満足した
自分が込めた思いを 絵描きが現したから
自分が創った絵描きが 自分の願ったことを叶えたからである