神様の守りを実感する

Pocket
LINEで送る

今日は りゅうくんが休みだったので
会社帰りに母から頼まれていた
買い物に行くことになっていました

先週金曜日から明日まで イオンで
かなり大掛かりなセールをしていたので
週末を避けられたのはよかったです

しかもりゅうくんが会社まで
歩いて来てくれて すぐに向かったので
16時頃には到着出来たので
本当に店内が空いていました

母から頼まれていたものや
自分の必要を買った後もかなり
時間に余裕があったので
普段は見ないながらも興味がある
売り場をくまなく回りました

家に夕飯の用意はしてありましたが
少しだけ何か食べたいと思うと
りゅうくんもお腹が空いたと言うので
たこ焼きを食べました

郵便局の本局に行く用事があり
帰りがけに向かっていると りゅうくんが
会社に行く用事が出来たというので
先にりゅうくんを会社まで送り届けてから
郵便局へ向かいました

用事を済ませましたが りゅうくんから
時間が掛かりそうだから先に
帰っていてと連絡があったので
先に一人で家に帰りました

かなり時間が経ってから
自分がやったことで余計に
ややこしくなった と凹んで
帰ってきました

しかし神様は この状況は
古い皮袋と新しい皮袋 世代交代の
時期を表しているものだと示されたので
自分のせいで古い思いを持つ人の
目的が果たせなかったと自分を責めず

これは仕方がないことなんだと
神様の目線に立つ方がいいと伝えると
納得したようでした

遅くなってしまったので
たこ焼きを食べることも
本当に御心だったと感謝しつつ
予定していた夕飯の準備を始めました

今日の夕飯は 少し良い食材を
用意していたのですが
食事のお祈りをしていると

いつもなら たくさんのみつかいたちが
大きな食卓を囲んでいるビジョンが
見えるのに 今日はみつかい一人ひとりが
正装をしており 神様に丁寧に
挨拶をしてから席に着いているようでした

そのビジョンについて 神様が
説明をしてくださいました

きちんとわたしに挨拶が
出来ないようなものは
この食卓につくことは出来ない

今 その様子をわかりやすく
見せているが この様なことは
普段あなたが知らないところで
行われており あなたがたは守られている

それを聞いた時 もし何か
私たちの周りに問題が起こるとしたら
外から来る敵の攻撃なのではなく
私たちの内にある問題なのだ
ということがわかりました

勿論 その事は常々感じていましたが
改めて守りに感謝すると共に

問題が起こる時 それは
神様により光が当てられており
その領域を取り返す為なんだと
深く実感しました

その事をりゅうくんにシェアして
遅めの夕食を感謝して頂きました

Pocket
LINEで送る